コミュニケーションによる成長効果!

コミュニケーション

職場では上司の指示には従うこと、仕事に感情を持ち込まないこと等、見えない多くのルールのようなものが存在します。人は理屈だけで動くものではなく、上司や社員同士の関係が良ければ、会社のために頑張ることもできたりします。そのきっかけになるのが、「コミュニケーション」です。今回は、「コミュニケーション」による成長について調べていきましょう。

社員の成長や職場を良くするためのポイント

会社で上司や社員同士のコミュニケーションをよくする為のポイントを紹介します。

1.相手の話を聞く

話を聞く時の態度や聞き方も重要で、相手に話を聞いていることが伝わるようにすることが肝心です。関係が上手くいかない場合には、自分の憶測だけでは対応できないことがありまます。その場合は、相手の話を聞き思っていることを知ることで、誤解が解けるので正しく対応することができるはずです。

2.ほめる、ねぎらう、承認する

人は相手に認められ、自己肯定感が高まることで、意欲的に仕事に取り組むことができます。そうすることで、周囲へ配慮意識が向き自ら行動することに繋がります。相手の長所に目をむけて、ほめる、ねぎらう、承認するなど認めることはコミュニケーションにおいて効果的です。

3.ネガティブな言葉を言わない

言葉は人の行動に大きな影響力をもたらす為、仕事の場においてネガティブな言葉は控えた方がいいでしょう。愚痴の多い人にいい印象を持つ人は少ないです。

4.笑顔と明るい声で話す

話しやすい人の特徴は笑顔で、いつも穏やかで明るい雰囲気のある人です。一緒に仕事をする人が心をひらき相談しやすくなることで、連絡や報告などがスムーズに行えるはずです。

5.人の悪口を言わない

部下や上司、同僚の悪口を言うのは、当事者だけではなく聞いている側の印象にも影響を与えます。自分も言われるのではないかというプレッシャーや心配から信頼感が薄れるのです。会社の関係者ではない、信頼できる人に聞いてもらうなどして職場に関係のないところで息抜きすることが大事です。

6.話は前向きに

不平・不満が多く成長しない、反論ばかりで行動しない人は接しづらいです。そういう人はどこの職場にもいます。自分がそういう前向きなとらえ方ができない時には、失敗や問題の裏にある原因の究明から、学習や行動で得られる結果の可能性を具体的に考え、物事への捉え方や視点を変化させて、前向きに進めるようにしましょう。

7.目的と最終地点を共有する

やる気がでない、それによって行動できないなどの場合には、仕事の目的を明確に考えて、それを常に誰かと共有する必要があります。人は腑に落ちていない時にはやらされている意識が強くなります。そうなってしまうと、仕事が単純作業にしか思えず、全力での前進や能力発揮を意欲的に取り組むことができない感覚に陥ってしまいます。

8.悩みや問題解決のゴールや目標達成を一緒に考える

ミスを繰り返してしまったり、同僚とうまく付き合えない場合に被害者意識を持って悩んだり自分の殻に閉じこもったりすると、視野が狭くなってしまいます。その場合には誰か話のしやすい人に、自分の抱えている問題点についてアドバイスをもらうことが改善に繋がるはずです。

コミュニケーションで、変わる仕事の効率や成果

コミュニケーションの向上で、仕事の成果と自分の成長や自信に繋がることとは

・信頼関係が深まる。
・相手をより深く理解でき、後押しやすくなる。
・結果を感情、思考、行動を方向づけることができる。
・気持ちを切り替えることができる。
・指示を正しく伝えられる。
・ミスが少なくなる。
・行動力が上がる。
・責任感が出る。
・報連相が取れる。
・怒ることが少なくなる。
・関係が良くなる。

人付き合いがよくなることで職場の雰囲気が良くなり、仕事が楽しくなり、離職率も下がり、信頼関係で組織の目標や仕事に集中できます。

まとめ

上司や同僚と、仕事上のコミュニケーションを上手に取るためには、相手の気持ちや表情、振る舞いがどのように見えたとしても、同じ共通の目的を持つ仲間として相手のことを理解し認めることが、尊重や尊敬に変わり仕事への意欲も高まり成長に繋がります。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。