コミュニケーションのテクニックを使いこなせ!

コミュニケーション

スポーツといった動きのスキルを上げることに関して「テクニック」という言葉はよく耳にしますが、皆さんがいつも行うコミュニケーションにも「テクニック」があります。その「テクニック」とはどのようなものなのか調べてみたいと思います。

テクニックとは

コミュニケーションとは相手と意思疎通をおこなうことで、相手へ自分の思いを伝えるだけではなく、相手の思いを聞いてあげることも大切とされています。そのため、コミュニケーションは言葉のやり取りが重要です。

しかし、コミュニケーションは表情で気持ちを表したり、ジェスチャーで示したりすることも多くあります。そのような「言葉、表情、ジェスチャー」などを使いこなして、相手へ気持ちなどを伝えることがコミュニケーションです。

声の影響力

まず、コミュニケーションは話すことから始まりますので、テクニックその1は「声」となります。話す内容スキルが高いとしても、声が小さかったり滑舌が悪いと、相手へその感情や内容が全く伝えられないこともあります。

口は大きめに開け、声のトーンは相手と合わせてあげるのも一つのテクニックです。そうすることで相手とのコミュニケーションが違和感なくとれ、気まずい雰囲気を避けることができます。そこに相手へ伝えたいことを、感情に合わせて声の感じを変えて表情やジェスチャーと合わせることで、気持ちをしっかりと伝えていくこととなります。

自分への印象を高めること

相手が会話を楽しんでくれるように気を配ることも、効果的なテクニックとされています。

・相手の話をしっかり聞いてあげる
・会話の時には目をじっと見すぎないようにする
・姿勢よく話すことよりも自然体で話すこと
・プライベートに踏み込みすぎないことを大事にする
・TPOに合わせたファッションを心がける

テクニック実行の注意点

コミュニケーションのテクニックやスキルを磨いたとしても、最終的には相手へ対する意識が大切とされます。相手のことを考えるからこそ、自分の意思や感情を伝えて親しくなりたいと考えるのです。そう考えると、テクニックやスキルを磨き上げることより先に、相手を意識することが大切かもしれません。

まとめ

コミュニケーション力が上がることで、これまでよりもコミュニケーションの楽しさを実感できるかもしれません。人と人との調和に必要なテクニックを大事にしていきたいものです。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。