ビジネスの基本はIPOにあり! ~コミュニケーションを円滑に図る為のルール~

コミュニケーション

ビジネス現場において、相手に正確な情報を伝えるために会議や商談でIPOを意識してコミュニケーションとることは大切です。たとえば、曖昧な情報を相手に伝えてしまった時に、会社に損害を与えてしまうケースが考えられます。そのため、正確に情報を相手に伝えるためにIPOを活用することは大切なことです。

IPOとは?

IPOの意味は3つの頭文字をとったものです。主にシステム開発の時に耳にする言葉です。

・Input(インプット)
・Process(処理)
・Output(アウトプット)

なぜ、IPOが大切なのでしょうか?

・関係部署、関係者が多い
・プロジェクト期間が長い
・仕事内容が複雑

多くの仕事現場で求められている理由は、上記の通りではないでしょうか。様々な人がいて情報や仕事などが多岐にわたります。そのため、普段から相手に対して間違えがないように正確な情報を伝えなければなりません。

〇コミュニケーションは発信する側の責任?
ビジネスの現場で度々起こるのが、メールを送った側が受け取った側に対して、「全然内容を理解してくれない」また、「相手が指示内容と違った事をする」といった状況は珍しくありません。この問題をすべて、受け取る側の責任といっては何の問題解決になりません。
相手に伝わるように発信する側も配慮する必要があります。

相手に伝える3つのルール

【短く伝える】
あらかじめ、伝えることは何なのかを用意しましょう。大切なのは、「最低限」相手に伝えるべきことが何なのかを意識することです。

【構造意識して伝える】
話の内容は論理的に話しましょう。始めの話と結論の話をセットで伝えることで、より相手に対して伝わりやすくなります。

【イメージで伝える】
図や絵などを書いて相手にイメージをしてもらいましょう。相手とイメージを共有することで、ミスを防ぐことができます。

まとめ

IPOをビジネスの現場で有効活用するには、発信者は相手に伝わるように、しっかり情報を伝えるためにアウトプットをします。受信者は相手の情報を正確に理解するために、相手が伝えた情報をインプットします。そうすることで、「コミュニケーション」をとる際に、正確に情報が伝わりやすくなり、お互いに理解しやすくなります。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。