円滑なコミュニケーションには「伝達」と「傾聴」の両方が大事

コミュニケーション

 あなたの周りに、話で人を引き付けることのできる人がいるかもしれません。
しかし、話し上手だと周囲から思われる人=コミュニケーション力がある人ではありません。

 コミュニケーション力はいわば「伝えあい」です。
ただ伝えるだけでなく、伝達することと相手の話を聞くこと。この二つがそろってこそ、コミュニケーションがうまく取れているといえます。

話は伝達する相手がいて成立する

 人が話をするとき、その対極には聞く人がいます。
聞く人と話す人がいて、会話は成立します。
どちらかが話したいことを一方的に話し、もう一人がずっとその話を聞いている状態は、会話とは言えないでしょう。

質問に対する答えを的確に伝達しているか

 仕事の商談や就活の面接シーンを想像してみましょう。
商談相手や面接官が、相手に対して質問をしたとします。
商品の良さを知りたい、あなたの得意なことを聞かせてほしい…。このような問いに対して、的確にわかりやすく伝えるスキルが伝達力です。

 尋ねられていないことを得意げにしゃべり続けたり、自分や商材の良さを過剰に伝えたりすることは求められていません。
的確な内容を伝え、会話を広げられるような話を聞けば、相手は知りたいことを聞き出せた満足感を得て、さらに興味をいだきます。
その先に続く話を繰り返し聞いて、自分も話しを返すことでコミュニケーションは成立します。

相手の伝達をしっかり受け取っているか

 自分が知りたいと思って尋ねた内容に対して、相手が返した答えを「聞く」側にもスキルが求められます。
話している相手が、最も伝えたいと思っていることを聞き取りながら精査し、その内容を正しく理解すること。
相手の発した伝達を、しっかりと受け取る力もコミュニケーションの大事な要素です。

人と向き会う 伝達しあうという姿勢が大事

 コミュニケーションを円滑に進めていくうえで大切なのは、相手と向き合う姿勢です。
思い込みや苦手意識で、話す相手に向けて思いを伝達することにためらったり、「どうせうまく伝えられないから」と、話すことをあきらめてしまうのは、それを聞く相手に対しても失礼です。

 また、緊張してしまう・初対面の人とどのように話を進めていけばいいか分からない…と、戸惑う気持ちを持ち続けていると、たとえどんなにいい話でも、その内容が頭に入ってきません。

 社会に出れば、気の置けない仲間以外の人との会話を、ビジネスで求められるシーンも多くなります。
いろんな人と向き合って、それぞれに応じた「聞く」「伝える」経験を積むと、不安も減ってきます。

 まずはコミュニケーション力の基本(傾聴・伝達)を知り、場を重ねて実践してみましょう。