仕事でコミュニケーションが大切な理由

コミュニケーション

日常生活においてコミュニケーションを取りたくない相手とは、距離を置いても問題ありませんが、仕事においてはなかなかできません。今では、メールやネットツールにより、直接相対するような必要性も少なくなってきています。しかし、それゆえにうまく意思の疎通が取れずトラブルになることも多いのです。今一度、コミュニケーションの大切さについて考えていきましょう。

イメージよりコミュニケーション

趣味を楽しむ仲間は同じようなものに興味があり、共通の関心や感性などがあるため、意思の疎通がとりやすいですが、仕事仲間はそう簡単ではない相手もいるのです。
そのため、コミュニケーションが不足している状態で関わっていると、相手が何を思っているのか理解できず、勝手な意識だけで先へ進んでしまいます。

仕事などでは、相互の考えを知ることが大切です。相手がどの程度理解して、どのように感じ、これからどうしていきたいのかなどを知ること、そして自分がどう認識し考えているのかを伝えることは、とても重要なことです。

「相手に対して勝手なイメージを持たないようにする」簡単なようで、結構やりがちなことです。常に接するような相手、たまにしか接しない相手にも、同様に気を付けたいですね。

コミュニケーションの取り方は大切で、あなたの反応を待っているような相手が、それらを得られずに勝手に無視していると不満をもつことだってあるのです。そうなると、不満を持つ前に接触してこなかった相手にも不満が出てきて、お互いに不満を持つことになります。これらは、悪循環の始まりになりかねません。

〇「つもり」はNG
伝えている「つもり」分かった「つもり」。どの様な場面においても「つもり」は危険です。人それぞれの立場を考え、どのような負担が生じるかなどを考えるべきであり、思いやることも大事です。自分では分からないことはしっかりと聞いて、理解してみるのも重要なことです。自分の思い込みで理解したつもりでも、全く違っていることもあるので気を付けたいですね。

コミュニケーションを仕事に活かそう

自分の考えが絶対正しいとは考えず、相手の意見に耳を傾け理解し、自分の考えを相手にも理解してもらえるように働きかけることはとても大切なことです。お互いにそれぞれの考えに納得できるようにコミュニケーションをとることは、互いの信頼感を深めることに繋がるはずです。

まとめ

ビジネスの場では仕事を円滑に進めるため、誰もが情報を集め、発信できるような能力を求められます。共同作業をするような仕事においては、それらがとても大切になってくるのです。コミュニケーションによって気遣いを感じることもあるので、人と人との交流において重要な接触といえるでしょう。
これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。