コミュニケーションの取り方にコツはあるの?~意識したい言動や行動とは~

コミュニケーション

ネット環境が普及し、PC・スマホに触れる回数が増えてきている現代、人と人との交流も多様化しています。人によっては対面で直接するコミュニケーションが減っていることもあるでしょう。それによって、対人関係を築くことが苦手な人も増えて、「コミュ障」という言葉を身近に聞くことも増えてきました。

仕事場での交流

職場において、コミュニケーションが上手く取れると働きやすいだけでなく、情報の共有・確認作業も十分に出来て、ミスを減らす事にも繋がります。会議などでも、それぞれの意見を言い合い、働いている1人1人が正解を導き出す努力ができる環境になるのです。

人によっては単独で行動する方がうまくやれるという方もいると思いますが、目標を達成する為には、一緒に行動する事も重要なのです。

気を付けたいコミュニケーションの取り方

相手が目の前にいる状態なら、相手の行動や言動からコミュニケーションを取ろうとしているかどうか判断もしやすいでしょう。お互いに話すことで情報の共有や、相手が何を考え自分が何を思うのかを伝えあうことは大切です。では実際、どの様なことに気を付け、意識して行うと良いのでしょう。

〇人の話を聞く
コミュニケーションが苦手な方の中には、相手の話を聞かず「自分は~」と自分のしたい話を始める人がいます。そういう人に限って、頼んでもいないアドバイスや説教をはじめたりすることがあります。

聞き上手な方は、相槌をうつのが上手です。それによって、相手は話を聞いてもらえていると実感でき、安心して話ができるのです。聞き方がうまい相手とは、コミュニケーションがとりたくなります。

〇適格な質問
髪型の変化など気付いたときに質問してみるのもいいですね。それが、周囲に気付いてほしい変化であれば、相手も気分がいいはずです。さらに、まとまらない考えを整理するきっかけになるような質問をしたり、具体的な話の問いかけなどができると、コミュニケーション能力が高い人の特徴の1つです。
〇わかりやすく話ができる
聞かせたい相手にあわせて、理論立ててわかりやすく話ができると、お互いに理解した会話ができるため楽にコミュニケーションをとることが可能です。そのため、話が上手にできることも大切なスキルといえるでしょう。

〇空気をよむ
相手や他の人たちから見てどうなのか、客観的にその場の状況を把握することは大事です。そういう視点で冷静に見られる人は、その場を壊すような行動や言動をしないはずです。加えて、話しやすい状況や雰囲気を意図的につくれるような人はコミュニケーションが高いといえるでしょう。

〇ポジティブを心がける
自分の殻に閉じこもりがちになると、人との交流そのものが嫌いそうで話しかけにくい雰囲気が出てしまいます。相手と自分との違いを理解し、コミュニケーションそのものをポジティブに受け取れるといいですね。

話していると前向きな気持ちにさせてくれるような人とは、自然と交流したくなります。そういう気持ちになるような言葉を意識してつかってくれている、その心遣いが嬉しいです。

まとめ

コミュニケーションと言っても、直接会ってする会話や電話、メールやSNSでの文章での交流など、現代いろいろな方法が選択できるようになっています。人と人が交流するためには、お互いの接触が大切になってきます。コミュニケーションの取り方を相手の立場になって、考えてみましょう。

人と企業の懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、これから就活へ挑む方は、当方でも新たな人材を求めています。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。