人見知り傾向の相手とのコミュニケーション法

コミュニケーション

他者とのコミュニケーションを図る上で、抵抗を感じる事はないですか。調査してみると抵抗があり、苦手と感じている人が意外と多いことが分かります。特に人見知りを自覚している方ほどそういった傾向にあるようです。今回は人見知りの人とのコミュニケーションを成立させるためのヒントを紹介していきます。

ヒント①=人見知りの悩み

人見知りを自覚される方の多くは、初対面の相手に自分から話しかけないことが多いはずです。仮に会話が始まっても発せられる返答が「うん・はい」の様なシンプルな返事になり、話が盛り上がる事も無く、長続きしないことも多いのではないでしょうか?

コミュニケーションとして成立していない状況であると考えてもいいでしょう。

ヒント②=人見知りが感じる苦手ポイント

では、実際に会話をする際に感じるポイントを以下で紹介していきましょう。

・気持ちを思うように伝えるのが不得意ぎみ。
・目が合わせづらく、とても緊張する。
・相手が言いたい事・気持ちを上手く理解できない。
・うなずきや表情だけで気持ちを伝えてしまう。
・自分が喋るのが嫌いで、出来ればこちらは黙っておきたい。

ヒント③=相手が異性だと更に難しい?

異性が相手となると会話の感覚も違ってくる為、同性の時よりも更に難しい様です。男性には普通の会話でも、女性にとっては失礼な会話であることも多々あります。

また、女性同士の場合は男性が全く理解できない事もあります。こういう部分が、ここで言う感覚にあたり異性との会話の間で難しい点と言える様です。

コミュニケーション向上は、慣れと導きにあり

人見知り対策として一番効果があるのは、まず他者との会話に慣れる事です。身も蓋もない著思われるかもしれませんが、コミュニケーションにおける失敗を恐れない、失敗したとしてもリカバリーできるといった意識を持つと言い換えてもいいでしょう。

そういった意識への誘導を行うことで、人見知りの方であっても十分なコミュニケーションを図ることができるはずです。

人見知りの方に対応したコミュニケーションポイント

人見知りの方とコミュニケーションを図る上で、抑えておきたいポイントを以下に記載してみました。

・一体感を持てるように構築する
・相手の気持ちが探れる様に努力を怠らない
・相手が分かりやすい様に話す
・関心と興味をしっかり持つ
・別の話に上手く例えて話す
・喋る話題をあらかじめ用意しておく

まとめ

コミュニケーションにおける、一般的な配慮と変わらないと感じる方もいるとは思いますが、より丁寧に気遣いが必要であると考えて、対応していくことを心がけていくといいでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。