自己PRだけで終わってないですか? ~適切なコミュニケーションを知る~

コミュニケーション

就職をする上で、自己PRが必要となる場面が多々あります。このため自己アピールの訓練をする方も多いのではないでしょうか? ただし、それがうまくできるからといってコミュニケーション能力が高いといった評価には必ずしもなりません。企業が重視する個々のコミュニケーション能力とは、どういった場面で発揮されるべきものなのか、理解していきましょう。

コミュニケーション能力の基本

コミュニケーション能力で最も大切なことは、「言葉」や「表情」「声のトーン」「身体の使い方」などで相手を明確に理解して、相手に伝えたいことはしっかりと丁寧にわかりやすくしていくことです。

ただ単に「見る」「話す」「聴く」という行為だけでは相手に伝えることは難しいですし、ビジネスシーンにおいては、自身の性格や感性を表現できる対応力なども重要です。
対応力を高めるためだけの「話す」や「聴く」ではなく、相手に理解してもらいやすいように、4つのポイントを抑えることが大切です。

・目的を持って行動する
・相手に合わせる
・聴いて理解をする
・共有感を育む

感じるコト・伝えるコト

その場の空気を読めない人は、相手に悪気はなくても思わずやってしまい、チャンスを逃してしまうケースがあります。時には、ズレて見られることもあるでしょう。そうならないためにも、次のようポイントを踏まえたコミュニケーションを心がけましよう。

・相手の立場を考える
・信頼や理解を得られるようにする
・実体験を交えて間接的に話す

それに加えて、実際に前職での実績や成功の体験談などをうまく伝え、あなたの思い浮かんだポイントをイメージすることで自身にあった理想像と課題を見つけ克服していきましょう。

話す能力の要素

全体のチームや組織の力を引き出すアプローチは以下の通りです。

・問題解決
・ビジョン共有
・品質向上
・営業センス

また、仕事の多くは1人ではなく、複数の人でプロジェクトチームやクライアントなど、さまざまな方法でコミュニケーションを取らなくては、仕事もうまく進みません。ビジネスシーンでは、以下のように意思疎通を伝えます。

・アドバイス
・要求
・提案
・命令
・依頼

まとめ

コミュニケーションは自己PRだけにとどまっていては不十分です。適切で円滑なコミュニケーションを取ることで、ビジネスシーンでは社内における仕事も活性化していくことができるようになってきます。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。