営業のセンスを感じさせる「コミュニケーション」方法

コミュニケーション

営業の仕事において、コミュニケーションは大切です。周りからの信頼によって、実績も結果も左右されることがあります。信頼を得られなかった場合にはお客様から断り続けられる営業もいるほど、厳しい結果が待っているのです。そのため、コミュニケーションは会社を変えられる力があるといえるでしょう。

そこで今回は、営業センスが感じられるコミュニケーション方法をご紹介させて頂きます。

コミュニケーション能力がある人の特徴

会話の中で「お客様が何を考えているのか」「この人はなにを求めているのだろうか」など、接する相手に対して気持ちを察する場面があると思います。

営業においては「お客様の気持ちを読み取る感性」が大事で、気持ちの先読みによってお客様が満足するような提供が行えるため、「この人なら大丈夫」「任せられる」という信頼を得ることができるのです。それは特定のお客様に限らず、どのような人に対しても同じようなことが言えます。

この感性を身につけるために、人を観察し想像力を働かせることが大事になってきます。トップ営業ほど、相手のことをしっかりと見ていたり心理学やコミュニケーション講座で学んで、「お客様の理解」「相手の心理」「顧客視点」を習得しています。

また、短い期間でお客様との信頼関係を築くのも技術の一つで、営業が上手な人ほど「信頼関係が一番大切」であることを理解しているために、「共感や好感、安心感、親近感」を感じてもらえるように工夫しているのです。

顧客の心を動かす

営業センスがある人は、「購入する必要がある」と思ってもらえるようにコミュニケーション能力と情報収集が徹底しており、それが結果に繋がり売り上げとなります。事前に、信頼してもらうためにできることは何か考え、お客様のホットボタンを押しに行きましょう。

その際には、もちろん言葉を選ぶことも大切です。営業センスのある人は、心が惹かれるような言葉やどうお客様に伝えたら良いのかを常に考えて話をしているのです。他の営業マンと比べても、精神的に強く根気強いところもありますが、「誰に時間をかけてお伝えするか」を決めています。

購入してくれそうな人を見抜く力があり、その人とのコミュニケーションを大切にするので商品やサービスに関心を持ってくれる確立をあげるため、断られる可能性が低くなるということです。

まとめ

営業に大切なことは、コミュニケーション能力が高いことです。営業をするうえで顧客に対してコミュニケーションをとる場合には笑顔による安心感と真剣さからくる誠実も、必要なポイントとなるでしょう。
これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。