コミュニケーションの重要性について

コミュニケーション

近年は若者のコミュニケーション能力が低下していると感じられます。SNSなどのサービスで、言葉に代わり絵文字やスタンプが使われて、言葉を考える頻度も減りました。その関連で職場での直接的なコミュニケーションに不安を感じたりする人は少なくありません。コミュニケーションの重要性を知っていきましょう。

2つのコミュニケーション構成要素

コミュニケーションとは「人を理解していくこと」と「自分を理解してもらうこと」です。
つまり、コミュニケーションは「伝える(話す)能力」「受け取る(聴く)能力」が必要になります。あらゆる人々の活動に必要不可欠で、スムーズにしていくためには欠かせません。

チームや組織でのコミュニケーションがもたらす効果

信頼感が得られる

人の信頼関係というものはわずかな時間で築かれることはありません。熱心に相手の意見を聞くことや相手の考えに耳を傾けます。相手との約束を守ることなどの積み重ねが信頼関係を築いていきます。

安心感を与える

職場の緊張感を解くことにもコミュニケーションは効果を持ちます。ちょっとしたコミュニケーションを取ることでリラックスすることもあるのです。また、コミュニケーション一つでさらに不安な気持ちにさせることもあるので注意しなければなりません。

モチベーションを上げる

コミュニケーションによって、人のモチベーションを上げていくことができます。褒めるだけではモチベーションが湧いてこない人もいます。どういうことかというと頼られることによって意欲が高まったりする人もいますので、人それぞれ違ってきます。それぞれが仕事をする上で、重要にしていることに働きかけて、日頃の話し合いでよく知っていくことです。

一人でできないことを達成する

チームや組織は、一人では達成できないこと成し遂げる力があります。そこではコミュニケーションは重要な役目です。コミュニケーションをどのようにとっていくかで成功と失敗を大きく左右していきます。

共にやり遂げる一体感がある

コミュニケーションを行いながら一つに向かって、皆が目標に向かうと一体感が生まれてきます。結果が思わしくない成果であったとしても、共にがんばってきたことが、良い影響を与えこれがチームや組織を強くしていきます。

まとめ

このようにコミュニケーションがもたらす効果があることで、チームや組織としての重要性があることがわかったでしょうか。一言でコミュニケーションといっても、簡単なことではありません。コミュニケーションを活性化させることで、企業の経営のプラスになり、貢献していくことができます。また、まわりとの人間関係が良くなり、日常生活も楽しくなってくるでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。