コミュニケーションの基本はどうあるべきか

コミュニケーション

家族との会話や、友達との会話、大学や会社での会話など、数多くのコミュニケーションの場に何げなく参加している我々ですが、社会における「コミュニケーションの基本」とは、どのようなものか紹介していきたいと思います。

コミュニケーションの意味とは

辞書によると、「伝達」「通信」「意思疎通」「交流を図る」などが該当します。要するに、身近な人と会話を行う事がおおまかな意味となっています。

しかし、社会生活では、特にビジネスシーンにおいては、少し意味合いが違うように思えます。何故ならば、最終的にビジネスに導くツールの1つと捉えるからです。これが、個人と会社の関係性の違いを表しているのです。

個人ならば、プライベートと割り切って、積極的にコミュニケーションの場に加わる事も、それを拒む事さえできるのです。しかし、会社の1人となるとそうではすまされません。積極的にコミュニケーションの場に参加する事が望ましいのです。

コミュニケーションの基本

コミュニケーションの基本は、1人又は複数の相手がいて、分かりあえる事を前提としています。その為に必要となる要素は、「信頼関係を作る事」と「意見を通じて相手を導く事」があります。

1.「信頼関係を作る事」
まずは、1対1の会話によってより身近に感じてもらう事であり、相手をよく理解し自分の事も知ってもらう事なのです。それほど親しくない人や初対面の人に対して、距離を縮める事から始めます。最終的には、相手に自分を理解してもらい望む関係に導くようにコミュニケーションをとるのです。

2.「意見を通じて相手を導く事」
相手を導く事は信頼関係から1歩踏み込んでいき、自分が望むような関係や結果に導く事になります。これは、ビジネスシーンにおいても効果的なツールとして最大限に活用できます。

主に社外的には、商談や営業場面において活躍するものですが、内外的にはチームプロジェクトや上下関係での信頼関係にも関わる、非常に重要なカギをにぎるポイントとなっています。

コミュニケーションの流れから知る

相手からの信頼関係から始まってビジネスシーンに誘導するまでの流れが、会社におけるコミュニケーションなのです。それでは、具体的な内容を見ていきましょう。

信頼関係を作るステップ

1.相手を観察する
2.話を相手に合わせる
3.聞き上手に徹する
4.相手に問いかけてみる
5.相手に共感する事

相手を導くステップ/h3>
1.自分の意思で相手をリードする
2.過程や結果において気づきが生まれる
3.行動に結びつけて実行する
4.相手に望ましい形に導ける

ビジネスでの見解

信頼関係によって、よりコミュニケーションが深まります。相手に対しての「アドバイス」や「提案」「要求」「命令」「依頼」と、段階的に相手との交流を深めていきます。要求や命令は反感を買いそうですが、必要であれば相手の領域に踏み込む必要性もあるのです。

「アドバイス」「要求」「提案」「命令」「依頼」から、相手が発見する事や、自分に取っての反応を参考に活かす事ができます。相手を望ましい形に導くには、具体的な行動計画が必要です。行動に移す事が問題解決へとつながります。

このようにステップに応じて相手を正しい形へ誘導する事が、コミュニケーションが望む結果と言えます。ビジネスにおけるシーンでは、チームで信頼関係を築いてプロジェクトにあたります。部下へのアドバイスや要求でつないで、決断が必要とされる命令を行いプロジェクト実行によって、クライアントに依頼すると言う流れが生まれるのです。

まとめ

コミュニケーションとは単純に意味を捉える事から始まり、相手の信頼を得るプロセスを経て、結果的にはビジネスシーンにおける望んだ形へ導くのです。ある意味、内外的にも社外的にも最強のツールと言えるのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。