理解を深める人間関係には「コミュニケーション」が重要

コミュニケーション

社会や組織、個人的な場において、感情面も含め人と人との関係で親密になる事は可能なのです。それには言葉を通して伝え、お互いに分かり合える事ができ、また共感を持つ事もできるからです。人間関係のつながりにおいてコミュニケーション能力は、会社が採用の基準として最も重要視している部分なのです。それでは、コミュニケーションで分かり合える人間関係の理解を深めていきましょう。

相手へ興味を持ち、関心を持つ事

お互いに言葉を交換し合う事がなく、成立する人間関係はほとんど想定できません。
何度も往復する手紙やメールのやり取りや繰り返されるおしゃべり、会議や取引関係などの人間関係というのは文書や言葉の交換を通して成立しており、言葉をかけるというのは会話が生み出してくれる人間関係の基本といえます。

コミュニケーションを図るための心がけ

・相手の心を開かせるために素敵な笑顔、元気な挨拶、ユーモアのある声かけを意識しましょう。
・相手との距離を近づけて緊張をほぐすために、自然に相手の目を見て話す事で、圧倒させないように話す大切さを知りましょう。
・信頼関係を築くには、相手の心理状態にペースを合わせ、相手のしぐさや無意識の働きかけに気づくようにしましょう。
・イメージは大事なので、相手に良く思ってもらうためには会話を相手に合わせる事で、うなずきやあいづちを入れるなどして納得しているように見せ、聞き上手、質問上手になる工夫をしましょう。

コミュニケーションでの大切な人間関係の3つの基本

ミラーリング

相手の言動やしぐさなどミラーで映し出したかのように真似る事で、好感を抱かせる心理テクニックです。これによって、身近な存在であるという状態を作り出すのがその目的といえます。

相手は無意識で自分に似ていると感じるようになり、そこからお互いの間で親近感や信頼感を創り上げていくのです。親近感や安心感を与える行為ですが、逆に反感を買う行為でもあるので、相手に合わせる事にならなければ逆効果となるので注意したいものです。それをふまえて自然体な雰囲気を心がけましょう。

バックトラッキング

相手の話を、一つの会話の中身から、要点となる言葉を繰り返すのです。相手の言葉をオウム返しに言葉を重ねるのではなく、バックトラッキングの部分には必ず事実を含んでいるのと感情表現の両方が大切なのです。

その要点をふまえる事で、相手は自分が伝えたい事を受け止めて理解してくれていると感じ、気楽に会話できるようになるのです。相手へ抵抗感や違和感をつくらずに、安心感を持ってもらい、自分を受け入れてくれているという安心感を与える事が可能となるのです。

ペーシング

相手の言語・非言語に合わせていくコミュニケーションスキルです。特徴として短時間で相手の警戒心を取り去り、安心感、親近感を持ってもらい、人間関係において、スムーズな会話ができるようにしていく事です。

会話のスピードやリズム、トーンを相手の声の調子に合わせ、相手の話し方に合わせると、より良いペーシングが行えます。こうする事で、コミュニケーションで相手と自分の会話が上手く重なり合っていると感じるようになります。そこで心理的な一体感が生まれ、相手は安心して話す事ができるようになるのです。ペーシングは相手との関係性をより良くするための必須のコミュニケーションスキルといえます。

相手の声の調子を意識せずに話してしまうと、提案やセールスなど前段階で失敗してしまうおそれがあるので、ペーシングの要点をしっかりと抑えておくようにしましょう。

まとめ

共感は同一化と表現されるプロセスと重なり合っている部分も多くあり、積み重ねられてゆくほど人間関係は深くなっていきます。それこそ人間関係はコミュニケーションの累積だといえるのではないでしょうか。これらの努力を実らせる経験こそ、より一層円満なコミュニケーションが生まれるのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。