自己PRでコミュニケーション力を長所として挙げるときの注意点

コミュニケーション

就職や転職をする際、避けて通れないのが面接です。資格を多く持っている方や特殊な技能がある方は有利ですよね。しかしながら、特にアピールするものがないという場合、一つのやり方としてコミュニケーション力をアピールする方法があります。ですが、そこにはいくつもの注意点があります。その方法を見ていきましょう。

面接で気を付けること

面接で気を付けることは多くあります。面接は企業と個人がマッチするかどうかを見極める場です。面接を受けた個人がどんなに素晴らしい人物でも企業側とマッチしなければ落ちてしまいます。

例えば、営業系の企業の面接を受けるとします。そこでの自己PRで技術系の資格をアピールしても、企業側の求める人材とは違うため落ちてしまいます。その資格がどんなにすごくても営業系企業からすればあまり関係ないのです。

コミュニケーション力をアピールする場合も同様です。企業側が技術系の人材を求めているのにコミュニケーション力をアピールしても、それはマッチするはずはありません。

コミュニケーション力をアピールするなら、それを求めている企業の面接でしっかりとアピールしていきましょう。大切なのは、企業の求める人材と個人がマッチするかどうかなのです。

コミュニケーション力とは

それでは、コミュニケーション力とはいったい何なのでしょうか。それを見ていきたいと思います。

コミュニケーション力とは、「相手の言葉から意図をしっかりと理解できる力」また「自分の言葉で意図をしっかりと相手に伝えられる力」のことです。

人は思ったことをすべて言葉にするということはありません。言葉の裏にあるモノ(意図)をくみ取れる力が、ビジネスシーンでは重要になってきます。また自分の意図を相手にしっかりと伝えられる力も重要になってきます。

自己PRでコミュニケーション力をアピールする方法

まず「私はコミュニケーション力があります」と直接的に言ってしまうと、信憑性に欠けます。どんな場面で、どうコミュニケーション力を発揮したのか、具体的に説明しましょう。

例えば、前職でのコミュニケーション力が生きた場面や学生さんなら部活やサークルでの場面など、「商談がうまくいった」「課題が解決した」などのエピソードを分かりやすく説明していきましょう。

また、企業がどのような人材を求めているのか、どのようなメリットがあるのかを常に意識
するとよいでしょう。

まとめ

面接でコミュニケーション力を長所として挙げる際に注意すべき点を書いてきましたが、大切なのは企業側のニーズと個人の能力がマッチするかどうかという点です。どのようにマッチするのか?どのようなメリットがあるのか?を丁寧にアピールすれば、きっと面接で良い結果が得られることでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。