新入社員の悩み ~コミュニケーションの取り方とは?~

コミュニケーション

新入社員として入った場合、仕事内容に対する適応も気になりますが人間関係の構築も大事なミッションといえるでしょう。面倒見のいい人もいれば、気難しい人もいます。
今回は、どうやってコミュニケーションをとっていくかについて考えてみましょう。

相手に興味を持ってみよう!

自分が話す側になったときに、興味なさそうに適当に流されたらどう思いますか?多くの場合、話をすることをやめたくなると思います。会話するなかで、話をする相手がきちんと興味や関心を持って、話を聞いてくれたり質問してくれると気分よく話をすることができます。

聞く側になったときに重要なのも、この相手の話に対する「興味や関心」なのです。しかし、ここで気を付けたいのがわざとらしい感じや話を遮るような質問の仕方をしてはいけないということです。相手の話すペースに合わせて、相槌や質問をうまく取り入れて、会話を弾ませるテクニックが必要なのです。

しかし、無理に盛り上げる必要はありません。「貴方の話を関心をもって聞いています」という姿勢だけでも伝わるよう行動しましょう。初歩的ですが大事なことです。      

印象が大事

相手との相互理解をするためには、互いに印象をよくするという意識を持つことが大事です。重要なのは「話す・聞く態度」と「雰囲気」です。まず印象を明るくし、相手の目を見ながら話すことが大切です。暗い雰囲気で、相手の目を見ることなく会話をするのは悪い印象を与えることに繋がります。

会話をするときは忙しく話してもだめで、落ち着いてゆっくりと話す要領でよいのです。
一方的に話を進めて勝手に終わらせるのは、相手にとって失礼だけでなく、自分の為にもなりません。話したいことがちゃんと伝わったのかなど確認もできないですし、このような態度はどのような場所でも通用するとは言えません。話す相手によっては、怒ることだってあるのです。

話し方だけに限りませんが、慌てずせかさず自分の、もしくは相手ペースであることが大事です。

攻めより受け

結論から申し上げると、こちらから一方的に話すのではなくまずは受ける側として、相手を尊重しながら話を真剣に聞くことが大事です。相手に対してよい印象を与え、その後は理解しあい共鳴することができれば、良好な関係を築けるかもしれません。

相手は自分が話したいことを真剣に聞いていると認識してくれることから、互いの興味をひくだけでなくうなずきや相槌を打つことなどによって、好印象に繋がって円滑に話を進めることができるのです。

まとめ

相手との会話を円滑にすることもコミュニケーションの取り方の一つで、話し相手の年齢や趣味の違いなどで共通の話題などがない場合にも、相手のペースに合わせて関心をもって話を聞く姿勢が大事です。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。