コミュニケーションを向上させるための方法とは?

コミュニケーション

目次

これから社会に巣立つ皆さんにとってもそうですが、社会人になると今までの友人関係や家族間のコミュニケーションではない環境に身を置くことになります。では、社会人になることで自分と相手にとってコミュニケーションはどう変化していくのでしょうか? 

この記事では、社会に出てからの相手に自分の気持ちを伝える方法や学生と社会人になってからの伝え方・違い・改善点などについて、一緒に見ていきたいと思います。

コミュニケーションって何?

辞書を見てみますと、「身振りや言葉文字を通して、互いに意思や感情・思考を伝達しあうこと」というふうに記されています。つまり、思ったことや感じたこと、誰かに伝えたいことなどを、言語といわれる言葉や文字、非言語といわれる身振りや表情で伝えていく手段ということになります。

生まれた時からコミュニケーションは存在する

わたしたちは生まれた時から、さまざまな形で「自分以外の誰か」とコミュニケーションを取り、意思を伝えたり受け取ったりします。はじめは、お母さんやお父さん、そして兄弟やおじいちゃん、おばあちゃんから、小さなコミュニティーが生まれます。

学校に通いはじめていろいろ学び、周囲の方と会話しながらやがて社会に出てい行く形へと変化していきます。そして体験や経験を積み重ねていく事によって、その変化はどんどんと大きくなっていきます。

必要なコミュニケーション能力とは?

わたしたちは言葉や文字、表情や身振りで相手と情報を共有しています。人と人がコミュニケーションを図るためには、下記の方法があります。

観察力

物事に対して今あるいは依然との違いなどについて、注意深く観察することをいいます。

信頼関係をつくりだす力

信頼関係は時間をかけてじっくりと理解していくことも大切ですが、出会った瞬間に意気投合するなど、一瞬で構築されていくものもあります。

傾聴する力

相手に意識を集中させて、理解しようとする力のことをいいます。

質問する力

わからない事柄を質問していくことにより、明確にする力のことをいいます。

共感する力

これには2通りの考え方があります。一つは、自分が相手の気持ちや意見を理解し受け止める力。あるいは、相手が「この人なら理解してくれる」と感じることをいいます。

もう一つは、チームをまとめたり正しく教えたりする「リードする力」や、受けた情報を正しく伝えていく「伝達する力」などがあります。

臨機応変に対応する

コミュニケーション能力を向上させるには、下記の方法などもあります。

・まずはいろいろなことや人に興味をもってみる。
・聴き上手になる。
・言いたいことをまとめて話せるようにする。
・自分の意見をしっかりもてるようにする。

少しずつはじめて、周りを見ることがコミュニケーションを向上させる方法になるかと思います。

まとめ

今回は、コミュニケーション力を向上させる方法について、ご紹介してきました。学生と社会人の違いは、関わるコミュニティーの大きさではないかと思います。学生の頃は、小さなコミュニティーで気の合う同年代の仲間とワイワイと楽しくやるので、コミュニケーション力を意識せずとも、繋がりを維持する事ができます。

しかし、社会人になるとあらゆる年代や立場や培ってきた経験や立場など、さまざまな個性の方との出会いがあり、学生のころとは違い、相対する人の幅が広がります。その中で、臨機応変に対応していくには、理解や配慮、聴く力・伝える力が重要になると思います。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。