職場におけるコミュニケーション向上を図るには

コミュニケーション

職場に限らず、どの世界においても人付き合いというのは重要なカテゴリーであり、上下関係や同僚間のお付き合いなどというものが存在しているわけです。うまく付き合えば問題はないのですが、一つ間違えると大変なことになるということです。

職場でうまくやっていきたいけど・・・

あの人とは気が合いそうだ、逆にその人とは気が合わないなという問題も存在することでしょう。相手に合わせてあげるのがエチケットですが、自分勝手で職場の雰囲気や人に全然合わせてくる様子のない人や好きなようにやりたい、って感じの人にはなかなか歩みよれないものです。

人間関係が複雑だと精神的に参ることもあり、ストレスにまで発展する危険性も否定はできないわけです。しかし、人との交流が得意な方もいるので、参考にできるところがあるか不得意な方の特徴と合わせて下記にて詳しく見てみましょう。

コミュ力高め

コミュニケーションをとることが大好きな方の特徴については、以下の通りです。

①明るく笑顔が多い
話しかけやすい人の典型的な例であり、自然と話をしたくなる環境が生まれてくることでしょう。

②会話
誰でも分け隔てなく会話できることが、人間関係を維持していくという大事な要素だということです。互いのことを相互理解することが大事です。

③気配り
周囲について配慮しながら話を進めることが大事で、それができない人は「空気が読めない人」と認識されてしまいます。状況把握や対する相手の変化にも敏感に対応できる人が気配り上手といえるでしょう。

コミュニケーションが不得意

では逆に、人と接することが不得意科目である方について紹介しましょう。

①話すことが怖い
自分から会話することが苦手で、話題についても見つけることが苦手な方は、会話することに慣れていないこともあって、発言一つ一つとってみても空気を読むことができないといった事象も起こりうるのです。それによって、自分に対する自信が持てなくなることもあるでしょう。

②自己中心
考え方や価値観などといったことは、互いのことを理解しながらも配慮することが大事です。しかし、それらのことについて自分のことを最優先するがあまり、相手に押し付けてしまうことはよくないのです。

また、人が話していることを割り込む形で自分の話をすると、相手を不愉快な気持ちにしてしまいます。当然ながら、相手からすれば気にいらないとしか印象が残らなくなり、最終的には「外してほしい」という直訴の原因になりかねません。

対策

「今すぐコミュニケーション能力をアップせよ」と言われ、急に能力を向上することはできるのでしょうか?結論から申し上げますと、それは無理難題といえるでしょう。

自分の問題点を把握しながら、足りないところはどこか自己理解を深めて苦手を克服したいものですが、それは一朝一夕で解決できるかといえばそうではなく、中長期的に様子を見ながら対応することです。

練習項目

それでは、自分のペースに合わせて行うことを前提としたコミュニケーション能力向上のトレーニングを紹介しましょう。

①笑う門には福来る?
つまり、笑顔の練習です。まずは、目じりを下げることや「い」を発音することを常に意識しながら取り組むとよいでしょう。

②自分の話は適度に
いわゆる「自己開示」のことで、会話をするといっても言いたいことを一気にいうのではなく、会話はある程度にとどめておきながら進めることを意識することです。そうすれば、互いのことを理解しあう一つの進歩につながるのです。

③話を否定するべからず
人の話はしっかりと聞くことで、先入観を捨ててから話を聞く姿勢を保つことが大事です。確かに言いたいことだってあるでしょうが、冷静になって思いとどまることも大事です。

④長所
相手にだって長所は存在します。短所ばかりあら捜しすると逆効果であり、その人を否定することになってしまいます。自分で相手を見極めながら、素晴らしいところがあるならば素直にほめてあげることが重要です。

まとめ

職場におけるコミュニケーションの取り方の基本となる要素を説明しましたが、職場には、多様な人がいて、人との会話が好きな方がいれば嫌いな方だって存在しています。だからこそ、コミュニケーションをとってあげることが、互いの気持ちを理解するという意味で大きな役割を担うのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。