会話によるコミュニケーションのコツ

コミュニケーション

あなたは、どんな人とでもすぐに言葉を交わし、打ち解けられるタイプですか?
親しい家族や友人たちとは何でも話せるのに、他の人とはなかなか話せなかったり、会話が弾まないという人は意外に多いようです。そこでこの記事では、ビジネスシーンにも役立つ、会話コミュニケーションについて、ご紹介したいと思います。

会話が弾む4つのステップとは?

会話が苦手だと、話をするタイミングや話す内容など気になりますよね?
でも完璧を求めなくてもいいのです。この項目では会話によるコミュニケーションのコツについて、見ていきましょう。

明るい声で挨拶を!

別に大きな声でなくても、出会った人に挨拶をしてみましょう。挨拶を交わすだけで、同じ空間の中で同じ空気を共有することができ、それだけで共通の話題も生まれてきます。顔を上げて明るい声を意識して、まずは挨拶からはじめてみましょう。

距離感を縮める世間話

挨拶を交わせるようになったら、次は世間話をしてみましょう。
「今日はお天気で気持ちいいですね」「雨が降って湿気が高いですね」など、他愛もない言葉から会話がはじまります。はじめて会う人や言葉を交わしたことのない人といきなり話をするのは、ハードルが高くて、勇気がいりますよね?そこで挨拶を交わして顔見知りになったところで、少しずつ言葉を交わし軽い世間話からはじめてみましょう。その中で心の距離感やぎこちなさが解かれ、会話しやすくなります。

相手の心をつかむ共通の話題を探してみよう

たとえば出身地が同じだったり家族構成がいっしょっだり、同じ電車で通っていたりと、共通の話題は意識次第でいくつも見つかります。そういった共通の話題から、徐々に会話を広げていくことができます。その中で、相手の方からも「話しかけやすい人」として、良いイメージをもってもらえることでしょう。

プライベートなトークは相手の心を開くカギになる

商談相手にコーヒーを持ってきたとします。そのときに「うちのコーヒーはすごくおいしいんですよ。わたしは毎日3杯は飲んじゃいます」など、世間話にあなたのパーソナルな話題を少しだけ挟んでみましょう。あなたが自分の内側を見せることが、相手への親密度をアピールすることにつながり、相手が心を開いてくれるきっかけにもなります。

まとめ

今回は、会話からはじまるコミュニケーションのコツについてご紹介しました。
これはとても身近で簡単なことですが、ビジネスの場面でも役立てることができます。ネット社会の現代において、会話はメールやチャットでという方もいるかもしれませんが、今一度会話の大切さを見つめ直してみませんか?きっとあなた自身も、周りの雰囲気も明るく和やかになることでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。