コミュニケーションの苦手意識を克服する方法

コミュニケーション

SNSなどの通信手段が発達した現代社会において、直接相手と向き合って会話をする機会が少なくなり、コミュニケーションへの苦手意識がある人も多くなってきているようです。今回は、コミュニケーションが苦手な人の特徴をみながら、克服する方法やメリットについて説明していきましょう。

コミュニケーションが苦手な人とは?

コミュニケーションが苦手な人の具体例を下記でみていきましょう。

・周りの人に対して関心がない人
・警戒心が強く相手に心を開けない人
・控えめで遠慮がちな性格、自分から相手に話かけができない人
・相手と対面すると緊張して話ができない人
・評価を気にするあまり話すことを遠慮する人

コミュニケーションが苦手と感じている人の特徴として考えられることは、緊張してしまう、過度に相手からどう思われているか気になる、人見知り、などといった言った原因がみて取れます。

気をつけたいこと

職場やプライベートでコミュニケーションが苦手な人が、普段やりがちなことを下記でみていきましょう。

〇自分中心で話をして相手の話を聞かない
コミュニケーションは、よく言葉のキャッチボールと言われています。一人だけが喋るだけでは会話になりません。相手の話も聞くように心がけましょう。

〇相手のことは考えないで、自分の価値観で会話する
自分の価値観を持つことは良いことなのですが、人は十人十色それぞれ好きなものや大切にしていることなど、個人によって価値観が違います。職場などにはそれぞれ違う考えを持った人がいますので気をつけて会話することが、人間関係が良くなる秘訣と言えるでしょう。

コミュニケーションの基本

コミュニケーションが上手な人に共通することをご紹介しましょう。

1.まずは基本的な挨拶が誰にでもできる
気持ち良く挨拶をすることで、相手に対して好印象を与えるばかりでなく、お互いや周りの雰囲気も明るくする効果があります。自分から積極的に挨拶をする習慣をつけましょう。

2.相手に関心を持つ
コミュニケーション能力が高い人は、相手の考え方や感情、これまでの経験、情報をうまく会話から引き出して相手に合わせた話ができます。

3.相手の話をよく聞く
コミュニケーション能力の高い人は、聞き上手です。しっかり相手の主張したいことや話を聞いたうえで、自分の考えや主張をします。

上記で紹介したことを参考にすると、コミュニケーション能力がアップしますので苦手を克服するためにまねをすると良いでしょう。

コミュニケーション能力が向上することのメリット

コミュニケーションがうまくなることでのメリットはとても多くあります。例えば、職場においては業務をするうえでコミュニケーションや連携をすることで、円滑に効率的な仕事ができます。なによりも、一番の成果は、あなた自身の印象が良くなり仕事に対する評価が上がり、周りから信頼されるようになります。

まとめ

コミュニケーションが苦手な人でも、日ごろから意識して話をすることで、会話することに積極的になるかもしれません。コミュニケーション能力はさまざまな人間関係において、重要なスキルと言えるので、スキルアップすることは会社や家庭、地域においても役立つことでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。