コミュニケーションが得意な人の特徴とは?

コミュニケーション

昨今では、企業などの面接などでもコミュニケーションスキルを重要視しているところが多くなっていると言われています。では、コミュニケーションが得意な人とはどのような特徴があるのでしょうか?また、どのようにすればコミュニケーション能力を高めることができるのか?ご紹介していきたいと思います。

その特徴とは?

先ほども述べましたが、現在では企業での人材選びにおいてコミュニケーションスキルを重要視しているところが多いのが現状です。しかし、コミュニケーションとは仕事だけにとどまらず、私生活や人間関係・人生全般に関わってくるものだと言えます。

それだけにとても大切なものだといえるでしょう。では、コミュニケーションスキルが高い人の特徴とはどのようなものかというと・・・

〇話がわかりやすい
〇また話してみたい
〇話して良かった

コミュニケーションスキルが高い人とは、上記のような印象を相手に与えることができる人です。能力について数値で表すこともできませんし、ルールがあるわけでもありません。そもそもコミュニケーションとは相手があって成り立つものです。つまり相手がどう思うかという事が重要なのです。

意識したいポイントとは

〇相手の気持ちを読み取る
人は言葉を使い思いや考えを相手に伝えることができますが、誰でもそれができるわけではなく苦手な人もいるでしょう。しかし、言葉だけではなく相手のしぐさや表情・目の動きなどで読み取ることができます。コミュニケーションスキルが高い人は、相手が言葉にできない思いなどを読み取る能力が優れているのです。

〇相手に関心や興味を持つ
相手に対する態度は、言葉や表情などに表れるものです。人は自分に興味や関心を持ってくれる相手には、好感や信頼を持つ傾向があるものです。自分を「理解してくれる・理解しようとしてくれる」事は、相手にとっては「自分を知って欲しい・相手を知りたい」と思うことの第一歩となります。自然に会話も進みます。

〇聞き上手なこと
話すことばかりが、重要なことではありません。まず、「相手の話を聞く・相手が話しやすい雰囲気にする」ことも大切です。コミュニケーションは相手があってのもの、1人で喋っていては会話が成り立ちません。

●相手との共通点や関心があることを見つけ話を広げる。
●相槌やうなずきで、相手に話を聞いていることを表す。
●簡単に否定しない。

このポイントをしっかり抑えて話を聞いています。

〇わかりやすい
何を言わんとしているのかがわからないとコミュニケーションは成り立ちません。そのため、相手にわかりやすく話をすることがポイントとなります。ビジネスシーンでは、結論から初めに話し、その理由・経緯・最後に目的・結論と話すことが多々あります。そうする事で、何を伝えたいのかがわかりやすくなるのです。

また、日本語は主語なしでも成立することがありますが、誰が何がなどの主語を必ずいれることで、内容をより明確にすることができます。最後に、この話で相手にどうして欲しいのかを示す必要があります。

まとめ

ざっくりとコミュニケーションスキルの高い人の特徴をご紹介してきました。その特徴を理解した上でコツをつかめば、能力を高めることができるでしょう。人と話をするのが苦手な人や人見知りをする方もいらっしゃると思いますが、それも訓練して少しずつ克服できるように取り組んでいくことが大事なのではないでしょうか。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。