コミュニケーション能力を向上するためのコツ

コミュニケーション

「コミュニケーションは苦手だ!」とよく聞かれますが、一般的に日常生活やビジネスの場でよく使われている言葉ですがコミュニケーションとは何?と聞かれても本当の意味を答えられない人が多いと思います。ビジネスシーンでは、面接などで最も重要視される大切な能力です。今回は、コミュニケーションを取ることが、苦手という人のためにうまくなるコツや、どの様なことに気をつけると良いのかを解説していきましょう。

コミュニケーションとは?

人が日常的に行っている会話ですが、コミュニケーションの方法は2種類に分けられます。

【言語コミュニケーション】
言葉によって行われる言語のことで相手が理解しやすい言葉を使い情報を正確に伝えます。

【非言語コミュニケーション】
言葉以外で相手に伝える事で、主に身振りや手振り・しぐさ・表情・姿勢・話のテンポ・声の高低、大きさ・目線などであり人はほとんどの場合、約90%は非言語コミュニケーションで相手に意思表示をしているといわれています。

コミュニケーションをとる目的とは?

〇自分の意思を相手に伝える
自分の考えを分かりやすく相手に伝えて、納得を得る必要があります。

〇自分の意思を伝え思い通りに相手を動かす
ビジネスなどでは、より確実に成果につなげるためには自分の思った通りに相手にも動いてもらう必要があります。

〇情報を共有や交換をする
ビジネスおいては、初対面の場合、挨拶からはじまり名刺交換をしてお互いに情報を交換し共有します。それによりビジネスの商談が円滑に進みます。

〇人間関係が良くなる
コミュニケーションは職場内や取引先との人間関係や信頼において必要です。うまくコミュニケーションをとることでより親密な人間関係にも役立ちます。信頼関係が良くなることで仕事の連携が良くなり大小のプロジェクトがスムーズにでき達成感も得られます。

コミュニケーションをとりやすくする工夫

さまざまな企業で取り組まれている事例をもとに下記で紹介しましょう。
〇社内にカフェや社員食堂、終業後に利用できるBARがあり居心地の良い空間がある。
〇役員や社長などとランチを一緒にする。
〇福利厚生の充実している企業では社員旅行で海外などに行く
〇社内運動会や卓球大会などがあります。

コミュニケーション能力の高い人の特徴

相手と会話をする際、人とものごとの感情や今、相手が考えていること(気持ちと心理)を知るために相手のことをよく観察し理解しようと努めます。理解するためには相手の話をしっかり聞くことが重要となります。下記で特徴について説明しましょう。
〇話に説得力がある。
〇論理的な話をする。
〇相手に共感する。
〇人間関係を円滑にし、信頼される。

まとめ

コミュニケーション能力(スキル)は、対人関係で相手に伝える能力や相手から受け取る能力、言語、非言語をよく理解したうえで、コミュニケーションを取る必要があります。コミュニケーション能力は、日頃から積極的に相手に話しかけることで向上していきます。初めは、苦手意識があり大変だと思いますが、意識することで向上していくことでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。