距離感を活かしてコミュニケーションをとろう

コミュニケーション

「距離感」という言葉は、聞いたことはあるが、それが何を意味するのかが、いまいちわからないという方は結構いらっしゃるでしょう。コミュニケーションをとる上で、重要視される距離感について、今回はご説明したいと思います。

パーソナルスペースとは?

皆さん1度は聞いたことがあるであろう「パーソナルスペース」ですが、アメリカの文化人類医学者であるエドワード・ホール氏が以下のように分類しています。

1) 密接距離:0~45センチの範囲で、親子間や恋人など、最も近しい間柄の人との距離で、スキンシップがとれるコミュニケーションができます。

2) 固体距離:45~120センチの範囲で、自分や相手が手を伸ばせば触れることのできる距離で、友人など親しい相手との距離になります。

3) 社会距離:120~360センチの範囲で、相手に触れることのできない距離です。職場での同僚や上司など仕事相手との距離です。

4) 公衆距離:360センチ以上で、一方向の距離となっており、コミュニケーションは不適切な距離です。演説や講演の距離です。

他人に近づかれると、不快に感じる距離というのは存在するもので、身体を真上から見て、男性は前後方向に縦長の距離感をもち、女性は円形の距離感をもっています。人と接する時の目安として対人距離は意識しておきたいものです。

職場におけるパーソナルスペース

上記でも触れたように、職場においては、3番の「社会的距離」を意識しながらコミュニケーションをとるようにします。テーブル越しに話すくらいの遠さなので、距離感と同様に意識しなければならないのは、コミュニケーションをとるため話し口調です。遠からず、近からずの距離なので、相手にしっかりと聞こえるように話しをしましょう。

さらに、社会的距離は2つに分けられており、120~210センチは職場の同僚との距離、210~360センチは面接などに適している距離になります。

職場では、友人よりも距離のある同僚や上司などが一緒に働いているため、パーソナルスペースを考えて接することが重要です。TPOに合った、適切なパーソナルスペースをとるように意識することで、円滑な人間関係が築きやすくなります。

職場でパーソナルスペースに踏み込んでしまった場合

そのような場合に注意しておきたいことが4つあります。

〇嫌い・苦手だと思われてしまう。
〇セクハラになってしまう可能性がある。
〇人間関係のトラブルに発展する可能性がある。
〇好意があると勘違いされることがある。

上記の注意点からわかるように、円滑な人間関係を築くためには、不用意に相手のパーソナルスペースには入り込まないようにすることが重要です。

職場でパーソナルスペースに入り込んでしまったら

その場合は、目線が合わないように範囲外に出ることが得策です。職場には距離感が近い人と、遠い人が存在しますが、特に警戒心の強い人の距離感には注意するようにしましょう。
また、相手と良好な関係を築いていきたいなら、不用意にパーソナルスペースには入らないことが重要です。

まとめ

相手によってパーソナルスペースは変わってきますが、職場におけるパーソナルスペースはコミュニケーションを円滑に行うためにも、重要なポイントとなってきます。職場で円滑な人間関係を構築するためにも、適切な距離感を意識しましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。