携帯電話がコミュニケーションに与える影響について

コミュニケーション

携帯電話は、日常生活で欠かせないものだと錯覚させる位に、関係性が取沙汰されています。実際には、携帯電話がなくても生活はできますが、ビジネスの場においては時として必要です。今回は、携帯電話がコミュニケーションに与える影響について紹介しましょう。

携帯電話は子供の時から密接に関係性

平成30年度の統計から、小学生でスマホを所有している割合は、46%弱となり、中学生になると70%代に跳ね上がりほとんどの小中学生が携帯電話を所有する現実があります。携帯電話を持たせるメリットとしては、最近の異常気象や社会との関係性が影響して、事故や事件に巻き込まれる事を心配して、仕方なく親が子供に持たせていると言えます。

この状況からみえて来るコミュニケーションの、関係性がわかります。昔ならば、他人同士でも、遠慮なく他人の子供をしつける行為が多くみられました。これは、地域社会のコミュニケーションが順調であった事で、地域で知らない人がいない位の関係性が成り立っていた為です。家族のスタイルが核家族化して地域とのつながりが希薄になった為に、携帯電話が、その役割を果たすような事になっています。

社会人も携帯に依存しコミュニケーションに影響

ある論文から指摘があったのは、携帯電話がコミュニケーションに与える影響について、「関係希薄論」から「選択的関係論」に変化していると述べています。

携帯電話が子供時代から普通に使用されている事で、社会人にもおのずと影響されるようになっており、今や高齢者の方でもスマホを利用する時代になっています。携帯電話が常に手放せない理由として、その他大勢のコミュニケーションツールであったり、暇つぶしをしたりするアイテムとして利用されていて、通行中に携帯をみる事に没頭して接触事故や、駅のホームでのトラブルなどが問題になっていました。

コミュニケーションとしては、電話で会話するよりも、メールやラインを利用する事で、直接会話を交わす必要性が、少なくなってきました。現在では、特定の人を選択する事で、自分を精神的なリスクから逃れようとする傾向に変化しています。社会人にも影響が出ており、業務上は、携帯電話に依存する機会が少ないとは言え、コミュニケーションに与える影響は大きいようです。

携帯電話依存から離れ社会人としてのコミュニケーションを

携帯電話は、時にはビジネスに不可欠となりますが、会社においては、コミュニケーションを優先させる事で、事業の一体感やチームとしての達成感を遂行させる事につながります。携帯電話の使い方を工夫する事で、ビジネスのツールとして、あるいは仲間とのコミュニケーションとして、プライベートの道具として使い分けできる事が、社会人としてのコミュニケーションを維持できる事になるのです。

携帯を持たない事で、社会との疎外感を感じるようになっては、最悪です。携帯電話に依存しないように、上手に向き合う事が求められます。時には意識的に携帯電話を持ち歩かない事を試してみるのも良いでしょう。

まとめ

社会生活においては、コミュニケーションは仕事の一部であり重要なアイテムです。携帯電話を使ったコミュニケーションも考えられますが、仕事として相手の思いやりなど心を通わせる為にも、実際に対面してコミュニケーションを取る事が重要なのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。