社内コミュニケーションを円滑に保つには?

コミュニケーション

お仕事に携わる上で、同じ職場で働く人など、業務に関わる人々と円滑にコミュニケーションを取れる状態にしておくことがベストだとされています。それはなぜなのでしょうか。コミュニケーション円滑化の重要性と、それを確立するための方法について、考えていきたいと思います。

コミュニケーションの重要性

人間同士が相互に思いや感情、考え方を伝え合うこと、それがコミュニケーションの意味と言えるでしょう。社会に参加する者の1人として労働に従事する際、重んじるべき要素の1つとして周囲とのコミュニケーションが挙げられます。

会社など組織に属して働く場合、自分と同じような社員および従業員と協力しながら仕事を進めていくことが重要です。仮に、自分以外の誰とも意思疎通を行わず全くの独断で作業した場合、それを全体的な視野で見ると、実は全く成果を生んでいないどころか、他の業務の支障となってしまうことでしょう。

そのような事態を避けるためにも、コミュニケーションは疎かにできない要素と言えるわけです。コミュニケーションを通じて、上司すなわち縦方向、同僚すなわち横方向、そして組織全体との伝達における3方向の情報共有がなされます。それを踏まえて作業に当たってこそ、実効性のある働き方ができるわけです。

お仕事における基本的なコミュニケーション

職場内において基礎的かつ有効なコミュニケーション手段として、報告・連絡・相談の実践すなわち報・連・相が挙げられるでしょう。報告とは、受け持つ業務の進捗状況や結果について上司や関係者などに伝えること。

連絡とは、自分が知り得た情報について、それを必要としている人に報せること。相談とは、仕事について抱えている悩みや問題について判断や助言を仰ぐこと、となります。肝心な点は、自分が発信者すなわち伝える側に立つ場合のみならず、自分が情報の受け手すなわち相手から報・連・相を受ける立場となる時にも、不足のない対応を心がけることと言えます。

これにより、ビジネスの場において通用する相互のコミュニケーションが確立されるわけです。その体制を構築することにより、業務の支障となるトラブルやリスクを回避しつつ順調に仕事が進められ、実質的な結果に繋げられるでしょう。

コミュニケーションを円滑にする方法

報・連・相など、仕事に従事する際に有効な情報伝達体制のメリットをさらに引き立たせるには、相互の意思疎通がスムーズに行われるような関係性が築かれていることと言えるでしょう。

これはつまり、お互いについて業務に関係する事項のみならず、性格や物事の考え方、好き嫌いなど、人となりを理解し合っている状態を指します。お仕事に関係すること以外にも、より広く人間性について相手のことを理解していれば、信頼関係を作りやすくなり、それがお仕事の面でもプラスになると考えられるわけです。

お互いの人間性を知り合うというのは直ちにできることではないでしょう。しかしお互いに、相手に自分の価値観を押し付けようとせず、自分と相手の個性や考え方の違いを受容する姿勢で接することにより、相互理解の第一歩が踏み出せるものと思われます。

まとめ

以上のように、互いに協力して業務を進めていくにはコミュニケーションを取ることが重要であること、職場内におけるコミュニケーション体制としては報告・連絡・相談の徹底が一例として挙げられ、その上に人間的な相互理解の関係性が構築されていれば信頼関係が増し、結果的に業務においてプラスとなること、などについて見てまいりました。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。