コミュニケーション力の重要性

コミュニケーション

コミュニケーションとは何か。それは人間が互いに、気持ちや感情また大切な情報を理解し合い、相互意思疎通をはかり、人間関係を構築する能力と言えます。では、どうすればこの能力を身に着け向上させられるのでしょう。いくつかを紹介します。

コミュニケーションの能力の向上方法とは

就活時も入社以降もコミュニケーションは必ずついてまわることになります。この力がある時、上司、同僚、取引相手などと良い信頼ある人間関係が作り出され、業績の向上、意思疎通がとれ一体感が生まれ、働いている場がやりがいある仕事場となります。

コミュニケーションは人間の相互理解とも言えますので、自分と相手という形からまずは始まります。2つの面、伝える側の力と受けたものを理解する力と考えられます。相互理解ですから、この両面がひとりの人間内に求められます。この両面は互いに影響を及ぼしあいます。片方の伝える力を身に着けてゆく時、もう片方の受け取る力も自ずと付いてきます。簡単に説明します。

〇伝える力
1.目的・結論から話すということ
相手にはっきりと明瞭、簡潔に伝えることを意識してください。(例)私の考えは、〇〇です。なぜなら〇〇だからです。という風に伝えます。

2.言葉・話し方を相手に合わせること
相手の知っている知識や言葉のレベルに合わせることです。相手がよく使う言葉や相手の分かる言葉を使用することが大切です。

〇受け取る力
1.相手の話にしっかりと耳を傾けること
相手が安心出来るよう笑顔や時には真剣な顔で、話している途中何かの言葉で話の腰を折ることは絶対避けて下さい。自分の話をしっかり聞いていてくれるかどうかは、不思議に相手に伝わりますので、気を付けましょう。

2.バックトラッキングという聴き方をすること
相手の言葉を、時折自らも繰り返して言い心からうなずいて下さい。言葉以外にも話した事実、話した時の感情や話の内容の要約も繰り返してみましょう。その事で相手は警戒感と解き、聞いている相手に信頼を寄せるでしょう。更に相手の話の本質を理解するため、また話を促すため質問をして下さい。

コミュニケーション能力の向上は上記のことに集中し、実際に繰り返して行うことで身に付いてきます。他にも色々な言葉やうまいと思った表現を書き留め覚えることも勧めます。

失敗は何事にも付き物ですので、あきらめず何度も繰り返して下さい。かのイチロー選手も打ち損じから「どうして?なぜなのか?」を考え続け、次の打席でヒットを打ったのです。失敗も能力向上の大切な要素です。

コミュニケーションでよく起こる誤り

よく言った言わないで喧嘩が起こることが普通の会話にあります。しかし、これは企業内でも同じこと。そこには言ったつもりや伝えたつもり、聞いたつもりが存在します。つもりと明確に伝えた、受け取ったでは天と地ほどの差があります。このつもりのことをミスコミュニケーションと言います。

伝える側は、相手の語彙に合わせますが、これは相手のことを知って理解してゆくうちに解ってくるものでやや時間が掛かります。聞き手は、相手の伝えたい情報だけでなく、そこにある思い、特に感情を理解し、理解するだけでなくその感情に共感して下さい。

非言語的コミュニケーション要素と言われるものに注意が必要です。話す内容も大切ですが、それと同じくらい大切な点、顔の表情、声のトーン、抑揚、話すスピード、身振り手振りなどにも注意して下さい。

企業内コミュニケーションの基礎

上司や同じ部署の他メンバーなどに、いわゆる「ほうれんそう」と呼ばれているものです、これは基礎中の基礎です。

1.報告をする
業務の進捗状況や結果を上司や業務関係者に伝えること

2.連絡する
知り得た情報について、それを必要としている立場の人に伝えること

3.連絡する
業務について出た問題や悩みなどについて判断や助言を聴くこと

まとめ

新卒の方、コロナの影響を受け就活の最中にある方々、コミュニケーション能力は短期間で身につくものではありません。近道もありません。地道に、流暢に笑顔で自由に話したり聞いたりしている将来自分の姿や喜んでいる顧客の姿をしっかりイメージして臨みましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。