コミュニケーションは「聞く」力をつける訓練を

コミュニケーション

 人との会話がスムーズに進む人=コミュニケーション力が高い、と思っていませんか。人との接し方は、度胸のあるなしや人見知りな性格などといった度合で異なります。それを、会話の進み具合で一括りにして測る必要はありません。
 話下手だ、性格が暗い、最初の一言がうまく出ない…。話しをする側に立った時を想像してしまいがちですが、コミュニケーションがうまく取れるかどうかは、話をすることではなく「聞く」ことのほうが重要です。

○コミュニケーションをとるために「聞く」

 話が明朗快活にできる人は、どんな場面でも自分をしっかりとアピールできるように感じるでしょう。話術は、その人の経験や話す機会の多さに比例するといっても良いでしょう。ただし、率先して話をする場を増やしても、それがコミュニケーションの訓練になるとは言えません。
 相手との会話を円滑に進めるためには、まず相手の話を受け止めることが大切です。

●互いの話でコミュニケーションは成立する

 自分の思いを一方的に伝えるだけでは、コミュニケーションが成立していることになりません。相手の話を受け止め、その話を踏まえて自分が返答するのが会話であり、互いの話を深め、引き出してこそコミュニケーションと言えるでしょう。

●「聞く力」は相手を受け止める姿勢の表れ

 互いの会話が続くためには、相手の話を受け止めることが大切。そして、ただ単純に聞いたことを覚えておくのではなく、コミュニケーションをとる姿勢も重要です。
 相手の話を受動的に「聞く」。話の内容に対してうなずきやほほえみ、真剣なまなざしで「聴く」。そして聞いた話から疑問に感じたことを「訊く」(たずねる)。この三つの聞く力を備えれば、言葉数が多くなくても、相手の気持ちに対して感情や素振りで応えることができ、コミュニケーションとして十分に成立します。

〇話し方ではなく聞き方の訓練を

 例えば、大切なプレゼンを控えているなら、緊張せずスムーズに答えるために質問を想定し、返答を準備したくなります。想定した質問にはスラスラと答えられるかもしれませんが、思ってもみなかった質問をされたときはどうでしょう。目は泳ぎ、クライアントの話も耳に入らないほどに焦ってしまうかもしれません。話すことに執心せず、聞くことに重点をおくほうが、対策も楽です。

●話す相手を見る訓練

 朗らかな印象の人、少し怖そうにも見える人、明らかに目上とわかる社会人や上席…。コミュニケーションを取る相手はいろいろです。ただ、どんな人に対しても、「きちんと聞いています」という姿勢を表しましょう。
 まずは、相手の目をみること。スマホやテレビ、雑誌などを見「ながら聞き」することが多かった人は、目を見る動作が殊に苦手だと感じるでしょう。目と目の間を見るようにし、にらみつけないのがポイントです。

●傾聴でコミュニケーション訓練

 「傾聴」とは、相手の話をしっかり聞くこと。しっかり聴いてくれる相手には、丁寧に話をして共感を得たいと思い、安心感も抱きます。相づちが入るとさらに印象よく感じられます。
 傾聴訓練でおすすめなのが、「相手の話に口で答えずすべて相槌と共感の声で返す」方法です。うなずきや驚きの声(へえ、うんうん)はOKです。相手の話に一切返答しない会話をした経験は、無い人のほうが圧倒的に多いでしょう。ぜひ一度試してください。思っている以上にとても難しく感じるはずですよ。