目に留まる自己PRは人材業界でも通用する

コミュニケーション

自己PRというと、何か特殊な経験や、アルバイトなどの経験が無いと書きにくいとおもっていませんか? 大丈夫です。ポイントをおさえれば、人事の方の目に留まる自己PRが書けます。それでは、どのように自己PRを書いているのかまとめてみました。

■企業のリサーチ

自己PR欄は自分が企業にとって採用したいと思わせることが出来る、アピールポイントです。自己PRでは企業の求める人物像にあっているかという、マッチングを見るうえでも重要な個所となってきます。そこで必要になるのが、会社の募集内容や求人票、ホームページです。しっかり読み込んで、自分の経験を照らし合わせてみましょう。経験やスキルが無くても自分の強みを生かして、「貴社でどう貢献できるか」ということをしっかりアピールしていきましょう。

■なぜその企業にいきたいのか

まずは、自分の中で動機を明確にしましょう。そうすることで、自分がなぜその企業を選んだのかが、しっかりと伝えることができます。どんな職種にも同じ自己PRを提出するのはやはり企業側からすると、わかってしまいます。「貴社だから」という志望理由をきちんと伝える事が重要です。

■自分の強みはなんだろう

自己PRを書くときに、自分の長所を書くことはよくありますね。その場合、具体的な表現方法に気を付けて書いていきましょう。例として「私には適応力があります。〇〇の経験から、自分の適応力を感じました」など、まず初めに結論を書き、その後に経験談を盛り込むという表記の仕方だと、ただ、「適応力がある」と書くより、印象がグッと良くなるでしょう。

他にも、積極的、人と接することが好き、面倒見が良い、など志望企業に合わせて自分を客観的に見て書き出してみましょう。しかし、あれも、これもと長所だけを並べるとかえって「この人はどんな人?」と思われてしまうこともあります。一つに絞って具体的にという書き方をお勧めします。

■失敗談も取り入れてみる

最終的には乗り切った経験談ですが、書き始めは失敗体験から書き始めるのがいいでしょう。人事の担当者さんはいろいろな面接者を迎えますから、インパクトのある内容のアピールも目に留まるでしょう。

■未経験職種へのPR方法は

「未験者可」の募集理由には、人材不足ということもあるが、固定観念にとらわれない新人への期待をする企業もあります。そこで経験が無い分、必要な知識や技術は自らが取得していくという姿勢を全面的にアピールしていきましょう。中途採用者であれば、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力が備わっていることを強みに、また前職で生かせる経験や知識は強調して記載するのもいいでしょう。忘れてはいけないのはその職種へ興味を持った理由を具体的にしておきましょう。

■まとめ

自己PRを書くときに気を付けたいのは、自分のことだけを書きがちになりますが、企業の経営方針などを入れ込んでおくと、人事の方の目にも留まります。自己PRでしっかりアピールをして希望の職種に就けるよう目指していきましょう。株式会社エントリはなたの自己PRを!楽しみに待ってます!!