ストレスを溜め込まないコミュニケーション

コミュニケーション

人はそれぞれ性格が違い、考え方や行動も違いますから、自分の言動が理解されない、相手の言動が理解できないなどということは当然起こってきます。そうすることで、相手のことが嫌になったり、相手に不愉快な思いをさせることでその人とのコミュニケーションにストレスを抱くようになります。人が最も強いストレスを感じるのは、人間関係、つまりコミュニケーションのストレスです。では、どうすればそれを回避できるのでしょうかまとめてみました。

■相手のことをよく見てみよう

苦手な人とのコミュニケーションを、他の人と同じようにとると、ストレスになってきます。でも、全くコミュニケーションをとらないという訳にはいかないという状況もあります。そのような時は、その人に関心を持ち、よく観察してみましょう。そうすることで、相手の言いたいことや、話し方のパターン等に気づき理解することができます。理解があればお互いのストレスは幾分か減ります。

■物事のとらえ方や視点を変えてみる

過去に怒られた経験のある人と話しをする時、不安になったりすることもあるでしょう。でも、過去の経験で相手を決めつけてコミュニケーションをとろうとすると、自分の中でこわいという思いから萎縮してしまい、うまくコミュニケーションがとれなくなってしまい、ストレスになってきます。苦手だなと相手を決めつけないで、よく見て相手のメッセージを汲み取って働きかけてみましょう。

■コミュニケーションは聞く力も必要

ストレスを感じにくくする為には「出来事を外から見た事実」として捉えることも大事です。自分の思い込みが強いほど、客観的な違いにストレスを感じてしまいやすいのです。この思い込みを防ぐ一番の方法は、相手の話をよく聞き、内容を理解しようと努めることです。それだけでも、相手に対してあなたの真摯な姿勢を伝えることができ、コミュニケーションを円滑に数s目ることができるでしょう。

■認識のズレを確認しあおう

相手とコミュニケーションをとらなければいけない理由はもちろんのころ、ストレスが発生しているということは、何らかの認識のズレが出ていると判断し、それが何かを考えてみましょう。そうすることで感情に振り回されず、目的を目指した関係性を築くことが出来ます。

■相手にも自分にも期待しすぎないこと

人と人が協力して物事を進めていくと、ある程度認識のズレや誤解はどうしても発生してしまうものですし、その原因が相手だけではなく、自分にもあることを理解する必要があります。相手にも自分自身にも過度な期待をせず、間違いは発生するといった前提でのコミュニケーションであれば、ストレスを溜め込まなくてすみます。

■まとめ

職場の同僚や、上司とのつきあい、取引先との交渉など、働く人にとって職場での人間関係はコミュニケーションが上手くいかないとストレス要因の一つとなります。コミュニケーションによるストレスは、コミュニケーション能力を上達させることでも回避できます。

ストレスを溜め込まないコミュニケーション達人への道を、株式会社エントリで探していきましょう!!