高いコミュニケーション力は社会で大きな武器となる!!

コミュニケーション

今の時代、会社の人材採用時にはコミュニケーションをとる力をもっとも見ます。なぜなら、採用された後には商談やプレゼンの場面はもちろん、普段から職場の人との関係を築くためにも必要になってくるからです。ではコミュニケーションをとる力を高めていく方法はどのようなことをしたらいいのでしょう。

■高いコミュニケーション力がある人とは

コミュニケーションをとる力があるということは、自分の考えや、思ったことを的確に相手に伝え、また相手の気持ちをうまく汲み取ることができる、という事になります。わかりやすく言うと、この人の話は面白くてわかりやすい、または、この人は私の話しをちゃんと聞いてくれ理解してくれる、そうなるとこの人と話せてよかったと相手は思ってくれるでしょう。これこそが、コミュニケーションをとる力が高い人だと言えるでしょう。

■話し上手になるために

自分の情報を伝えるのが上手な人は、メリハリ があり、声のトーンは話しの内容によって変えていきます。また、案外見落としがちなのが伝える順番 です。オチを最初に話しては面白くないですよね。順番が上手くいかないと、話しの面白さはもちろん内容の分かりやすさまで変わってしまいます。それから、相手が年上や年下等の関係性があったとしても、上下関係なく、聞き手が心地良いようにすることを意識する事がなにより大事でしょう。

■相手から話したくなる人

コミュニケーションをとる力のある人は情報の伝え方も上手ですが、相手から話しを聞き取ることも上手です。テクニックは話したくなるようなリアクション です。

「なるほど」や「うんうん」などの相づちのほか、頷き、表情も話しの内容によって変化させるなど、相手に私はあなたの話しに興味がありますよと、身体で表していくことがなによりも聞き上手になることの近道です。

■共感力を上げる

コミュニケーションにとっては共感できることが重要です。では、どうすれば共感力は上げることができるのでしょう。着目すべき点は「相手の話しの後ろにある意図」を汲み取ることです。そうすることで相手の言いたいことをより深く理解できるだけでなく、相手も「自分の話しを理解してもらえた」「またこの人と話したい」と思い、より良い関係性が図れるのです。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。これからの就活に必須とされるコミュニケーションをとる力を上げるためについて、いくつかご紹介してきましたが、コミュニケーションをとる力が上がるとどうなれるのでしょうか?「自分の伝えたいことを上手く伝えられる」「相手の情報を聞ける」「共感力が上がる」など、いろんな要素があります。そして最終的には、働きやすい職場になり、楽しく働けるようになるでしょう。

コミュニケーション力を高め磨く環境が株式会社エントリにはあります。社会で求められる力を身に付けに来てください!!