会話上手になるコミュニケーション入門

コミュニケーション

どうしたら上手く伝えられるのだろう…伝え方は身に付けることができるのでしょうか?
学校で教えてもらえないし、参考書などもありません。ですが、伝え方が上手な人と下手な人がいるのは事実です。今回はコミュニケーション能力がアップする方法について、ご紹介したいと思います。

■相手への思いやりは会話の基本!!

コミュニケーションは3つのステップが重要です。どんなに内容がしっかりしていても、相手が理解しにくい話し方では伝わりにくくなります。聞く側や場面によって話し方を上手に使い分けると、言いたいことが十分に届くでしょう。話す際の「スピード」や、「トーン」、「間の取り方」を意識すると、相手に良い印象を持ってもらえるようになります。

1:スピード
話をするスピードが速いと論理的な印象を与え、スピードがゆっくりだと優しい印象を聞く側に与えます。しかし、状況によっては、「落ち着きのない人」や「動作の遅い人」とマイナスに思われてしまうこともあります。例えば、落ち着きがない人は、話始める前に深呼吸をして話すと落ち着いて話をできるでしょう。

2:トーン
声の調子が高い人は「行動的」といったプラスの印象を与えますが、幼い印象を与えます。一方で声の調子が低い人は頼りになるイメージを与えますが、暗い印象を与えがちです。

3:間の取り方
話す側は「言葉のリズム」を作ることが大事です。ただ話しをするだけでは単純に聞こえてしまい、幼い印象を与えてしまいます。「間」を上手に使うことで、頭の良い印象を与える事ができます。言葉のリズムとは、考えているときは黙ったり、想いを込めたい意味の分だけ無音状態を作る「間」を上手に使うことです。尚、「間」には以下の種類があります。

◎考えさせる間
→質問した時に考えさせられる間。話の内容をつかんでもらうために、相手によりわかりやすく作る間。質問と、答えの間に、少しの「間」を入れることで、相手に考えさせる時間を作ることができ、話が盛り上がります。特に強調したいテーマを話すときに、ひと呼吸おいて話すと良いでしょう。

◎同意を求める間
→自分の意見に同意してもらうために使う同意を求める間。次に繋がる話題に対して、楽しみにさせるときや、話の印象を強めるなど、自分の気持ちを伝えたい箇所に使うと同意感が増します。自身の意見に同調してもらうために、文の最後に「間」を入れると、より共感してもらえます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか? コミュニケーションを図る上で、会話が上手になるには3つのステップが大切です。会社に入社した時に困らないためにも、今でしっかりと身に付けておきましょう。

素敵な会話術を身に付けたあなたチャレンジを、株式会社エントリーお待ちしてます。