コミュニケーション力は酒の席でこそ試される

コミュニケーション

酒の場でのコミュニケーションは「飲みニケーション」ともいいますね。お酒が入ることで普段出てこない側面が垣間見えることはよくある話ですが、それで人間関係に問題を抱えてしまうことも珍しくありません。社会ではお酒の場でこそコミュニケーション力を求められます。

■酒にまつわるコミュニケーションのポイント

1.職場では話せないことが話せる
普段、職場では仕事をしているので、プライベートの話などを聞くことができたり、今まで話したことがなかった人と話したりしてより親密な関係を築くことができます。また、お酒の力を借りて今まで言えなかったことを、思い切っていってみたりすることもできます。

しかし、自己開示しすぎると、余計な情報を相手に与えてしまうため、翌日以降仕事がしにくくなるため、言い過ぎには注意しましょう。

2.飲み会後はみんなの仲が深まる
飲み会交流での仲が深まった次の日は、特に何故か上司などが優しかったりするため、多少のミスをしても許してもらえることがあります。確かに、飲み会のあった翌日は気分が良いため、上司などが優しく感じられます。だからといってミスを多発してしまっては仕事の生産性も落ち、仏の顔が鬼へ変わってしまうとも限らないため、ミスなく仕事するように心がけましょう。

改善する方法として幹事が飲み会の日を休みの前日に設定すると、翌日ゆっくり休めて出勤した時の生産性も高まります。

3.飲み会に行けなくても大丈夫
予定などが入っていて行けなかったりすると、飲み会のあった翌日、行けなかった人は何となく気まずい雰囲気が流れたり、疎外感を持ちます。

そんなときは参加した人に飲み会の日どんなことがあったのか積極的に聞くことによってコミュニケーション力を鍛えることができます。そして、次回の飲み会にはできるだけ参加するようにしましょう。

4.飲み会は日程決めが重要
飲み会の次の日は疲れが溜まりやすいので、仕事に力が入らなくなり生産性が落ちてしまいますが、幹事が飲み会の日を休みの前日に設定すると良いでしょう。仕事のことも気にせず、翌日ゆっくり休めて週明け出勤した時の生産性も高まります。

■まとめ

いかがでしたでしょうか? お酒の席でのコミュニケーションはメリット・デメリットありますが、飲み会の場はより良いコミュニケーションを築ける場となります。職場では話せないことを話せたり、みんなとより親密な関係を築くことができます。

また、飲み会に行けなくても参加した人にどんなことがあったのか聞くことで、コミュニケーションを取ることができるため、疎外感を持つ必要もありません。このコミュニケーションのポイント4つを意識して、これからのお酒の席を楽しみましょう。

株式会社エントリーは、お酒の席でのコミュニケーション力を磨くあなたを応援しています。