コミュニケーションスキルの高い人はやっている!

コミュニケーション

コミュニケーションスキルが高い人の周りには次第と人が寄ってきます。それだけではなく仕事をしていくうえでの職場の上司や同僚との人間関係の構築や、ビジネスパーソンとの信頼関係をうまく築けているはずです。では、コミュニケーションスキルが高い人はどのような特徴があるのでしょうか。それを理解できればコミュニケーションスキルも上がるはずです。この記事ではコミュニケーションスキルの高い人の特徴をみていきましょう。

■相手に警戒心を持たない

コミュニケーションスキルの高い人は心を開いて相手と話しをします。それが自分の弱点だとしてもそれをネタとして相手に話すことで、逆に相手はこちらに警戒心を持たなくなるのです。こちら側が警戒心を持つと相手も自然と警戒心を持つのでコミュニケーションをとることが難しくなります。

しかし、気をつけてほしいのは自分を卑下することはやめましょう。あくまでもネタとして笑い飛ばすぐらいのポジティブさをみせると相手はあなたに一目置くはずです。

■わかりやすい会話に気をつける

コミュニケーションスキルの高い人は相手が自分の会話を理解しているかを確認しながら、相手が理解できる言葉を選び会話を進めていきます。そうすることで相手はこの人の話しはわかりやすいという印象をもつのです。

まずは全体像のイメージを相手に伝えることからはじめましょう。そこでお互いの認識が共通するので物事が複雑になればなるほど全体像をはっきりと伝えてあげることで聞き手側もイメージが頭に入りやすいのです。

■会話の変化球は相手も受け止めにくい

よく「会話はキャッチボール」と言いますが、その名の通り会話は相手が受け止めやすく、返答しやすい言葉を投げかけることが重要です。

相手の心に届かないような変化球の言葉を投げかけてもちぐはぐな会話になるだけなので、会話のキャッチボールはストレートに行いましょう。そこで会話のキャッチボールを続けるために必要なことはセンスではなく「知識」なのです。豊富な知識を習得するためにも色々なことに関心を持ちましょう。

■話し上手は聞き上手

よく耳にする言葉だと思いますが、自分が話したいという思いが強いとなかなかできないことです。それではコミュニケーションではなく言葉の一方通行で聞いている相手を不愉快にさせることもあります。

人は基本的に自分の事を話すことが好きですが、コミュニケーションスキルの高い人は7:3の割合で相手の話しを聞いてあげることができます。そうすることで相手の価値観を探りやすくなるのです。

■話しに詰まったら思い出そう

夜の蝶と言われるキャバ嬢さんたちはお客様とお話をして楽しませることがお仕事で、コミュニケーションスキルが無いと厳しいお仕事です。そのように会話を仕事としている方々の会話で詰まったときのキーワードが「適度に整理すべし」です。

これは頭文字を取っているのですが「て」はテレビ「き」は気候・季節・気温「ど」は道楽・趣味「に」はニュース「せ」は生活「い」は田舎(出身地)・胃(食べ物)「り」は旅行「す」はスキャンダル「べ」は勉強「し」は仕事というように、これだけの情報を持っていると会話もスムーズにいきます。

会話に詰まったときや、初対面の方と会話をするときに覚えておきたいキーワードです。

■最初の6秒

人は悲しいかな独断と偏見をするものです。初対面の人と出会ったとき最初の6秒で相手の評価を決める傾向があるのです。ここで印象を悪くしてしまうとその評価はなかなか挽回できない物です。

それを払拭するためにはその後8回以上合うか、2時間以上の会話をして好印象を与えなければならないというデータがあるほどです。逆に印象が良ければその後失礼なことをしない限りは印象が悪くなることはありません。

■まとめ

コミュニケーションに重要なのは相手を理解し、相手に自分を理解してもらうことですから相手がいなければ成り立ちません。いかに相手の立場に立てるか、相手の心をくみ取ることができるかでコミュニケーションスキルを高めることができます。

就職先の選択肢として人材業界に興味の在る方は株式会社エントリーまでご連絡ください!