円滑なビジネスの鍵はコミュニケーションにあり

コミュニケーション

日常の仕事は、コミュニケーションを大事にしながら日々の仕事に励めば、色んな意味でも道は開けると思います。

■コミュニケーションこそ最大の鍵

普段私たちが交わしている挨拶や会話も、コミュニケーションの一種でそのツールにもなります。たとえ仕事のスキルが良くても、それが悪ければ会社間の関係の悪化になりかねません。

人と人との交流はコミュニケーションが大事ですし、ビジネスの現場でもそれは当然視されています。日々の会話などが能力を高める鍵ですし、将来昇進したとしてもその能力を十二分に発揮されることでしょう。

■ビジネスにおけるコミュニケーション

ビジネスにおけるコムにケーションポイントを簡単にまとめてみました。

◎信頼関係
ビジネス上でのコミュニケーションで一番重要な存在です。これはビジネスの場でなくても大事ですし、人と人との関係を強めるためには欠かせない事です。この状態が悪ければ、相手からすれば大丈夫かと不安になり、ビジネスが失敗に終わる事があります。

◎Win-Winの関係であれ
利害関係を生み出す駆け引きもビジネスですが、双方にとってメリットや結果を得られやすくする環境を作る事がWin-Winの関係です。お互い譲歩や協力する事によって利益やビジネスを得られやすくなります。

◎スキルの細分化
◇ヒアリング能力
相手の話を聞いてあげる能力です

◇説得・交渉力
互いに話し合いの場を持つことにより、説得したり納得させたりすることができます。

◇マネジメント力
得意分野などを見極めながら、能力を伸ばしてあげる環境づくりをする。

これらの能力をアップする事により、コミュニケーション能力の向上へとつながっていきます。

◎ペーシング
ここで聞きなれない言葉が出てきましたが、ペーシングについてお話ししましょう。相手の状態が大きくかかわり、声の状態次第によりますが千差万別です。その状態に応じて話し方のリズム調整をすることです。

◇コミュニケーション5つの法則
ビジネスの現場である無しにかかわらす、円滑なコミュニケーションを行うため、以下の5つの法則を押えておくだけで、初対面の人であっても落ち着いて対応することができます。

①類似性
人の行動パターンは面白いもので、例えば、同じ目標や趣味などがあるとしましょう。その話をするだけで共感しあうということです

②返報性
例えば、他人から飴玉をもらったり何かのお手伝いをしたとしましょう。それらの行動が行為と認識され、人はそれに受け答えてあげようと働きます。

③ザイオンス効果
お互いに出会う回数が多ければ多くなるほど、好感がもてやすくなる効果です。接触回数が左右されやすい効果といえます。

④メラビアン
人間は相手の言葉から優先的に受け取るだろうとお思いですが、実は相手の視聴覚から情報を得られやすくなります。

⓹開放性
人の好みなどは千差万別です。見た目と違って意外な一面を見せるという自己開示をすることによって興味などを持つ場にすることです。

ビジネスコミュニケーション力向上が図れる就職先の選択肢として、人材業界に興味の在る方は株式会社エントリーまでご連絡ください!