雑談はコミュニケーションサプリ

コミュニケーション

普段何気ない会話は雑談といいますが、昨日の女子会の事や会社などでの出来事、何気ない話とかいろいろありますね。みんなで話をすることによって盛り上がる事もあれば、ここだけの話になる事もあります。今回の話は雑談を取り上げます。

■難しく考えるな!

人と人とのコミュニケーションの基礎は、会話そのものです。何も難しく考えるレベルではありません。ほんの他愛もない話でも構いませんので、ちょっとした会話も十分すぎるほどコミュニケーションとなりますし、会話としても成立しています。

●会話が苦手な人は…
普段人付き合いをするのが苦手で、会話なんてなおさらだという方にとっては難しい話になるんじゃないかと思います。会話をするといっても、人付き合いが苦手だからと敬遠したくなりますが、実際はそうではありません。

数学の方程式と天秤にかけてみてください。会話なんて方程式よりも簡単だという事になります。話す内容だろうが時間だろうが関係ありません。少しでもいいから話す練習をすることによって、コミュニケーション能力は自然と上がるものでしょう。

■気を付けるべきこと

会話については難しく考えなくてもいいんです。内容は何だっていいのです、といいたいのですが、注意点があります。

◎話してはいけない事
仕事が終わった後が一番油断しやすいといってもいいでしょう。飲み会や女子会に出席するメンツの中には、あなたが勤務している会社のライバル会社の人だって参加していることでしょう。たとえそれが彼氏や彼女だろうが関係ないのです。

会社では話していい内容と話してはいけない内容というのがあり、自分の会社で手掛けていることを、飲み会などでお酒を飲みながらついつい話しがちになってしまいます。この場合は会社の秘密を漏えいしたことになり、ペナルティが課せられます。

◎話していい事=雑談
では逆に、話していい事は何なのでしょうか? 前述の通り、会社で手掛けていることなど外部に漏らしたら困る内容など、お仕事に関わる話をしなければいいのです。

これらさえ気を付ければ、まずは難しく考えなくてもいいですし、たった少しでもいいから話をすることです。そうすれば、これまでにない世界が広がってくることでしょう。ただし、初対面の方には会話の前に挨拶を忘れずに。

普段何気なく話している雑談こそが、コミュニケーション能力を向上させる最強のエキスですし、人と人との関係を円滑化させてくれるという副作用があります。

人材業界でお仕事をされたい方は株式会社エントリーまでご連絡ください。