苦手なコミュニケーションは慣れてしまえば構いなし

コミュニケーション

コミュニケーションが苦手な方、それはなぜか。それを調べていき、あなたに当てはまる状態をいい状態へと導き、コミュニケーション得意なワタシを目指してみましょう。

■コミュニケーションが苦手な人の特徴

◎自分の話ばかりをする
コミュニケーションとは、自分以外の相手と会話を交えていしの意思疎通を図る行為です。自分の話ばかりを相手、みんなに聞かせるだけではコミュニケーションになりません。相手側からの話、意見なども聞き、相手、みんなと気持ちが分かりあえなければコミュニケーションになりません。コミュニケーションが苦手な方は会話内容が一方的な傾向になってしまいます。

◎人と目を合わすことを避けたがる
コミュニケーションが苦手な方は、大体が人と話たがらないので顔をそらしてしまう傾向があります。コミュニケーションの一部にアイコンタクトということがあり、会話をする時は相手と目を合わせ話すことで、お言葉だけでは伝わらないニュアンスを伝えるために必要です。

◎友達人数が少なく家に引きこもりがち
人に接することが負担になるため、外に出て遊び会話することよりも、家に閉じこもって一人でいる方が精神的に楽な状態。そのためその様な状況が続けば友達も増えることがなく、コミュニケーションもないため会話が苦手になっていくのです。

◎恐怖心で自分から相手へ話しかける行為が出来ない
自ら話しかけていく行為も苦手なかたは結構います。例えば、話しかけても、楽しく盛り上がらない。どうせ話しかけなくても大丈夫だと思ってしまう。その他にも自ら話しかけない理由は多くありますが、そういった消極的なコミュニケーションのせいで、自分への偏見や差別的なことが起こってしまう。そういった恐怖心もあるのでしょう。

◎自らのプライドが高く傷つくのが嫌
高いプライドは、時として自分の言ったことを否定や拒否をされたり、間違いなどを指摘され傷つくことがあります。一度、自分のプライドを傷つけられるとイライラ感ができてしまい、二度とそのようなことがないようにコミュニケーションを避けますし、プライドが高いことで、自分が絶対に当たっている的な会話になってしまいがちです。そうすることで、相手側に不満度が高まります。そのためマイナスのイメージを与えてしまします。

◎空気を読めない
みんなで盛り上がって会話中にテンションを下げてしまうような事を言ったり、突然話の内容を変えてしまうなど、本人自身は何も気づかずしている行為や発言が悪い雰囲気へと流れていっているのです。これは全く本人自身では気付かないため、空気が読めていないなんてことに気づいていません。

◎自分の価値観を押し通そうとしちゃう
自分の価値観が絶対に当たっているという態度も、コミュニケーションが得意とは言えません。価値観は人それぞれありますので、時には相手を尊重するような姿勢をする見せるのも大切なのではないのでしょうか。

■まとめ

コミュニケーションが苦手な方は、まず第一に笑顔で笑ってみることです。そうすることでみんな集まってきます。そこから会話が生まれます。勉強より経験です。その場で体験しなくては分かりません。沢山のコミュニケーションを取り、苦手なコミュニケーションを得意に変えていきましょう。

株式会社エントリーは、素敵な笑顔のアナタとコミュニケーションができることを期待しています。チャレンジお待ちしてます!!