人間関係が始まるコミュニケーションの必要性

コミュニケーション

私たちは普段、会社、学校、お店、家などでコミュニケーションをしていると思います。では少し変わったことを考えてみませんか。なぜ、私たち人間はコミュニケーションを取るのか、あらためて、コミュニケーションを取る必要性を調べていきたいと思います。そして、その意味を知ることでコミュニケーションをする大切さを学びましょう。

■コミュニケーションとは気持ちの流れ

コミュニケーションとは自分の気持ち、思う事などを相手に伝えてる事です。黙っているだけでは自分の気持ち、思いは相手へは伝わりません。それをどのように伝えてるのか、より簡単な方法がコミュニケーションです。話しかけると本人の気持ちが相手側へ流れ、話しかけられると相手側の気持ちが本人へと行き来しているのです。

■気持ちの伝達=感情表現

コミュニケーションには感情表現も重要なポイントとなってきます。感情は喜び、怒り、哀れ、楽しい、他、多くの感情を相手へ伝え、自分自身の気持ちを分かってもらうことができますし、コミュニケーション相手が感情表現の豊かな方であれば、その気持ちを感じる取ることも、難しくありません。

もちろん、一方的に感情をぶつけるようなコミュニケーションは問題を引き起こしますが、適度な感情表現であれば、円滑なコミュニケーションにつなげることができます。

■年齢に合わせてのコミュニケーション

基本的にコミュニケーションする相手が自分よりも年上ならば、敬語で対応することが大事です。長年の付き合いで歳の差がなくなったり、気が合いとても仲がいい様な方たちなら、気さくでフランクな対応のコミュニケーションでもいいでしょう。

一方、年上が年下に対し一方的に軽蔑的なコミュニケーションを取ることは避けるべきですので注意してください。

■コミュニケーン通じて育てていく他者との関わり合い

コミュニケーションをしていく事で、徐々に相手側の性格などが分かってきます。そうすることで、性格の会う者同士であれば、仲良くなることもできます。しかし、逆に気持ちのすれ違いが多い場合、出来るだけ避けるようになったり、近づかないようになることもあります。当たり前のようですが、これではコミュニケーション取る人、取らない人を選別してるためだけで、とてももったいない状況ではないでしょうか。

こういった自分と意見や思考がなかなか合わない人と、どう折り合ってお互いの関係性をより良いものにしていくことができるか。コミュニケーションは他社との関係性を育てていくことのできる、大きな武器といえますし、その必要性は極めて高いものと考えていいでしょう。

人材業界で社会人としてのスタートを切ってみませんか? 株式会社エントリーであなたの活躍の場を広げていきましょう。チャレンジお待ちしてます!!