グループコミュニケーションで業績アップを狙え

コミュニケーション

どの場面においてもコミュニケーションは必要不可欠です。普段生活している時もそうですが、社会人としてのコミュニケーションは仕事を円滑に進めていく為にかなり重要になってきます。今回は1対1のコミュニケーションではなく「グループ」でのコミュニケーションをキーワードに見ていきましょう。

■グループディスカッションで「コミュ力」をつけてみよう

グループディスカッションでの面接などをしたことがある方はわかるかもしれせんが、基本的には4つの要素が大切になってきます。

・その1:相手の意見を聞く(インプットする力)
・その2:自分の考えを説明する(アウトプット伝える力)
・その3:相手やグループに対して質問する力
・その4:チームでの協調性

この4つの要素が大切になっていき、これはグループディスカッションだけではなく、会社へ入社し組織として働く時にもこの4要素は基本になりますので会社や組織に置き換えても大丈夫です。

※4要素を基本として頭にいれておくといいでしょう。

■最近のグループコミュニケーションはソフトやSNSを駆使する

会社でチームやグループを組まされた時は、グループによる話し合いは必須で上記の4要素を意識してみて話を進めていくと円滑かつグループの協調性もあがり業績にも影響を与えるまでになるでしょう。

また最近ではどの会社もソフトやSNSを使い仕事の効率化とグループコミュニケーション向上に活用してるようです、グループコミュニケーションの在り方がまた進歩した形なってます。どのような物がどう活用されているか見ていきましょう。

◎社内メールやチャットを使ったコミュニケーション
こちらはどの企業でも取り入れています。目的としてはグループや社員同士のコミュニケーションを密に出来ること、メールやチャットを活用すれば連絡漏れや意見のすれ違い、コミュニケーション不足による業務的な不備なども予防できます。また時間効率もよく、気兼ねなく意見をいえることが大きなメリットになってますね。

チャットでしたらチームのグループチャットを作成し活用できますし、LINE(ライン)をパソコンに取り込みグループトークなので業務案内や情報交換などコミュニケーションツールとして使ったりしている企業が多いようです。

◎Skype(スカイプ)やハングアウトを活用したグループ会議
こちらもネット時代の現代では多くの企業が利用しています。電話やメールなどのコミュニケーション手段もありますが、直接パソコン越しで場所を問わず話し合いができます。また相手の顔も見えるグループビデオ機能もありますのでグループコミュニケーションを高めるにはうってつけです。最近ではどの会社も同様のサービスがあり活用している企業がほとんどです。無料で登録できますので、まずは親しい友人と繋いでみるのもいいと思います。

ネットを使ったグループコミュニケーションもいいですが、たまには飲み会の場を設け仕事から離れた場でコミュニケーションを図るのも効果的です。お酒の席でしか言えない意見や要望も聞けたりして新しい発見が見つかるかもしれません。グループコミュニケーションが高まれば自ずと結果は出てきます。方法は沢山あるので色々な角度から挑戦してみましょう。

これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリまでご連絡お待ちしております。