コミュニケーションの重要性!

コミュニケーション

人がお互いの意思や感情、あるいは思っていることを相手に伝える手段として、コミュニケーションはとても大切なものです。コミュニケーションの重要性について調べていきましょう。

■コミュニケーション能力!

コミュニケーション能力は、元々言語による意思疎通能力と言う言語学の分野の学術的な言葉の用語だと言われています。

◎感情や意味を互いに理解しあう能力
感情面に気を配って、意味をわかちあい、信頼関係を築いてゆくこと

◎相手の気持ちを推察する能力(非言語コミュニケーション)
非言語的な要素(相手の表情や眼の動き、沈黙と場の空気など)に気配りすることで、相手の気持ちを推察すること

◎感情や意思を相手に伝える能力
非言語的な要素で知った相手の気持ちを尊重して、相手に不快感を与えない表現で、自分の感情や意思を相手に伝えること

◎就職基礎能力
厚生労働省による就職基礎能力の定義で、コミュニケーション能力、就業人意識、基礎学力、ビジネスマナー、資格取得の5つの領域に分類しています。

■コミュニケーション能力を向上させる!

◎第一印象を良くしてコミュニケーション能力の向上!
初対面でのコミュニケーションにおいて、第一印象で全てが決まってしまうと言われています。第一印象が決まるまでの時間は、6秒、10秒、30秒ともいわれています。心理学者は、第一印象は2分で決まって、その後はもう変わらない、とも言っています。
メラビアンの法則によると、第一印象の9割が視覚情報、聴覚情報の割合を占めています。

1.視覚情報(顔の表情や服装、上方、胆振など)55%
2.聴覚情報(会話の速さやこええのトーン)38%
3.言語情報(会話の内容)7%

となっています。

視覚情報で大事なのが笑顔の挨拶です。笑顔で挨拶することで、相手に好印象が与えることができます。挨拶をする前にお互いに最初に入ってくる情報が、顔の表情です。人とのコミュニケーションは、挨拶で始まり、挨拶で終わるというほど挨拶はとても大事で、挨拶の仕方で相手への印象が変わります。笑顔での挨拶は、相手に好印象が与えることができます。

聴覚情報では、声のトーンや話すスピードが重要です。声のトーンを少し高めに話すことを意識すると良いと思います。相手と話したいとか相手の気持ちを引き出したいという場合には、ゆっくり話すと相手が聞き取りやすくなります。状況によって口調の速さを使い分けていくことが大切です。

◎聞き上手になってコミュニケーション能力の向上!
話を聞き上手になるためには、相手の話をそのまま受け止めながら聞くと言う傾聴について知る必要があります。

1.相手の話に全神経を集中させている感覚(話に興味を持ち、全神経を集中して聞くこと)
2.頷きも自然に出る(真剣に聞いていると、頷きなどが自然に出ること)
3.頭の中で次に話す事が浮かばなくなる(聞く姿勢が良くないと言葉が思い浮かばなくなること)

傾聴を状況に応じて使い分けることができれば、他人の話を聞くことが上手になります。

◎質問上手になってコミュニケーション能力の向上!
深い会話をするためには、自分からの質問も必要です簡単な質問だけでより深い会話ができるようになります。その質問は以下のようなものがいいでしょう。

1.「具体的には・・・」
話が具体的になり、自分の話に興味を持っていることで話が弾みます。

2.「もっと詳しく教えてください」
相手は自分の話題に本当に興味があると確認できるので、さらに詳しく話してくれます。

3.「他にもありますか?」
その質問で他になかったか?と真剣に考えていることが伝わります。相手も話したかったことが他に無かったかどうかを考えます。

◎信頼関係を築くコミュニケーション能力の向上!
信頼関係構築は、会って話す回数を増やすことで、築くことができると言われています。心を開いて良好な人間関係(ラポール)を築けば、相手からの信用は得られます。共通した話題の盛り上りは、その人との距離が縮まって親しい信頼関係を築くことに繋がるのです。

■まとめ

コミュニケーションは、人の意思疎通の手段として重要で、コミュニケーション能力の向上には、第一印象を良くすること、聞き上手になること、質問上手になること、信頼関係を築くこと、盛り上がる話題の選定等がコミュニケーションの重要性を担っています。

人材業界で活躍を目指す方は、株式会社エントリーまでご連絡ください。