コミュニケーション技術のベースは安心感にあり

コミュニケーション

コミュニケーションは仕事をする上だけではなく、すべてのことにおいて大切なことです。あなたは自分本位のコミュニケーションを取っていませんか? うまくいかないな、と思う時がありませんか? そんなことないよ、できてるよ、という方もいると思います。そこで、今回はコミュニケーション技術の根っこである安心感についてみていきましょう。

■コミュニケーションはキャッチボール

コミュニケーションはキャッチボールだ、とよく聞いたことがあると思います。ですが、キャッチボールをするにも不安があるかもしれません。実は、キャッチボールをする前に大切なことがあります。それは、安心感です。

不安なままキャッチボールを試みてもその不安が相手にも伝わってキャッチボールすらできないかもしれません。安心感があって初めてキャッチボールをすることができるので、まずは安心感をつくることから始めましょう。

■安心感をつくるための準備

◎ペース
人はその人と同じ声のトーンや速さで話す人に安心感を得ます。また、その人が使う言葉に合わせて話すことで、さらに安心感を増すこともできます。

他には、共通の話題があればそのことについて話しましょう。その人と同じ食べ物や飲み物を食べたりするのも良いでしょう。話す時に軽くでも良いので、相手の顔を見て視線を合わせることができたらなお良いですね。

◎言葉を使わないコミュニケーション
実はコミュニケーションには2種類あります。言葉によるコミュニケーションと、言葉を使わない、つまりボディランゲージなどのコミュニケーションです。このコミュニケーションは言葉でキャッチボールをするよりも強く伝わることがあります。

例えば、話していても声に抑揚や感情が無く棒読みのような話し方をされるとどう思いますか? 自分のことが嫌いなのかな、とか思いませんか? 言葉によるコミュニケーションに深く関係してくるのがこのコミュニケーションです。

言葉に抑揚や感情をつけたり、身振りや表情を使うことで、より言葉を使うコミュニケーションが伝わりやすくなります。

◎相手を観察する
相手を観察することは大切です。相手がそこにいて、何か変化があればそれを伝えることも安心感をつくる上で大切なことです。存在承認という言葉があります。人が今、そこに居るということを気づいているよ、という意味です。

誰しも自分の存在が認められていることを感じることができれば、自信や安心感につながることができます。少しずつでも確実に安心感をうみだすことが、何より大切なことだと言えます。

■安心感を覚えてあたたかいコミュニケーションを取ろう

いかがでしたか? コミュニケーションはキャッチボールだ、と言われてもいきなりキャッチボールをするのはやっぱり難しいですよね。何事にも準備や前段階があります。コミュニケーションでぶつかってしまう人は、もしかしたらその準備ができていないからかもしれませんので、相手へ安心感が伝わるよう努めていきましょう。
人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。