コミュニケーションをしましょう~挨拶編~

コミュニケーション

どうも、こんにちわ!「挨拶は心と心のパイプ役」という小学生が考えた看板が家の前の道壁に何十年も張り付けられていますが、挨拶とはコミュニケーションにとってどれほど大事なのか調べていきたいと思います。それで挨拶の大事さを理解し、しっかりと挨拶の仕方を学んでいきましょう。

■挨拶から始まるコミュニケーション

挨拶とは、誰とでも簡単にできる、一番大切なコミュニケーションとされています。自分の良い気持ちがこもった挨拶をすることで、周りの方々に好印象を与え、良い影響を与えることができます。また、コミュニケーションの始まり言葉として、挨拶を使う方も多いと思われます。

■挨拶する時には心を込めて

皆さんは普段、挨拶を無意識でいっていることがほとんどですね。挨拶自体も非常に短いフレーズで、気持ちを込めている時間がないような気がします。そのため、「おはようございます」などと挨拶をし合い、意識もしていなければ挨拶をすることが無意味な感じがします。

そこで、挨拶をする立場、される立場でも相手へできるだけ心のこもった挨拶ができるように、相手へ視線を向けてあげるのが、最低限のマナーではないでしょうか。加えて挨拶時にお辞儀をし、親切、尊敬な挨拶をすることも大事とされます。そうすることで、自分の気持ちが相手へ伝わります。

また、うつむいて暗い表情で挨拶をするより、笑顔で明るい声で挨拶をするほうが、印象が良いのは間違いありません。笑顔での挨拶を大事に心がけることで、相手からの好印象も期待できます。

■挨拶で人間関係も円満になる

挨拶は、男女関係や上下関係の人間関係を円満に築くための基本とされます。人間関係がうまくいく方はコミュニケーションも円滑に図ることができるのです。その挨拶一つでその方の人柄、人間性が見えますし、普段の生活態度が現れます。

■世界中のコミュニケーションにある挨拶

挨拶は日本独特の文化ではなく、世界中どこでもある文化なのです。言葉が国によって違いますが、こんにちわ、ハロー、ボンジュール、オラ、など挨拶は世界中どこでもコミュニケーションで大事な一言として使われているのです。

■まとめ

このように挨拶がコミュニケーションでどれほど大事なことか、理解できたのではないでしょうか。まずはコミュニケーションのきっかけ作りでもいいので挨拶をすることです。そこから自然と会話が広がっていくのではないのでしょうか。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。