コミュニケーション中に大事な要素「笑顔」

コミュニケーション

コミュニケーション中に絶対に笑顔は必要だと言われています。どんなにおしゃべりがうまくなれても、笑顔がなければ人間関係はうまく運びません。それほど笑顔は私たちが思っている以上に重要なことなのです。それでは、改めてその理由を深く見ていきましょう!

■笑顔とは

笑顔とは、コミュニケーションをする際には絶対に欠かせない、万国共通の基本の動作とされています。この動作をするだけで、あなたへの見た目、他人からのコミュニケーションのしやすさが上がるのではないでしょうか。

■誰もが持つパーソナルスペース

まず、パーソナルスペースとは、何かを説明していきたいと思います。パーソナルスペースとは私たち誰でも無意識に持っている他人に近付かれると不快に感じる空間のことであり、「パーソナルエリア」「対人距離」とも言われています。

一般的にパーソナルスペースは女性よりも男性の方が縦長に広いとされています。また、親密な相手だとパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、逆に敵視、関係が薄い相手などに対しては広いとされます。

■笑顔で変わる相手への印象とは

他人とコミュニケーションをとっていくには、どうしても相手のパーソナルスペースに入らなければいけません。しかし、その前にパーソナルスペース外からでもアピールできることがひとつあります。それが、「笑顔」なのです。

相手が無表情でパーソナルスペースに近付いてくると私たちは皆、威圧的で警戒心を持ってしまいます。その理由として、他人に対しては必ずと言っていいほど防衛本能が働くため、まず相手の外見の雰囲気で判断してしまいます。

私たちが他人を決めている印象のほとんどが、実は話の内容などではなく外見の雰囲気なのです。そのため、笑顔になることで相手に安心感を与え、コミュニケーションもしやすくなるのです。

■笑顔が今のコミュニケーションを作り出す

普段コミュニケーションをする場所として主に家庭・学校・仕事場などが挙げられますが、そこまでコミュニケーションができる友人・仕事仲間になれた理由は、出会い時のイメージが大きく関係しています。笑顔がなければここまでの良い関係は築けなかったでしょう。

■まとめ

コミュニケーションをする際に必要とされる笑顔の大切さ、これにより自分自身の見た目を良く見せることで、多くの方とのコミュニケーションの幅も広がります。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。