適切なコミュニケーションに対する誤解

コミュニケーション

コミュニケーションへ対する皆さんの印象とはどのようなことがおありですか。人それぞれ違うと思いますが、コミュニケーションへの誤解という部分もあると思います。今回はその誤解について調べていきたいと思います。

■コミュニケーション能力の誤解

◎話しが上手=コミュニケーションの強者は誤解である
まず、最も多くの方が挙げたのが、「話しが上手な方は、コミュニケーションの強者である」という誤解です。考え的には話しが上手な人になりたいと思う方が多いですが、どちらかと言うと「正確に聞ける」ほうが重要です。

相手とコミュニケーションを取る際に「上手に話さないと、面白いことを言わないと!」と思う必要はないです。「正確に聞けば、何を話せばよいのか分かる」意味が分からなければ、落ち着いて質問をすればいいのです。

◎コミュニケーション力があれば、人と仲良くやれるは誤解である
コミュニケーション力がなく、周りの人とうまくやれず友達が少なかったなど、コミュニケーション力があれば人と仲良くやれるという考えは誤解で、大事なのは相手に対する感情への配慮です。

挨拶や体調が悪そうな方に声をかけ、喜んでいる方や悩んでいる方の話しを聞く。このように最低限の配慮を行っていれば、問題は起きません。

◎コミュニケーションには会話が不可欠は誤解である
コミュニケーションは会話であると思い込んでいる方が大多数だと思いますが、メールやSNSのやり取りなど、行動で示すこともコミュニケーションという一つです。

◎一緒にいる時間が長いので、コミュニケーション不要は誤解である
多くの方が一緒に長い間、友人・仕事関係として付き合っていくほどコミュニケーション不足に陥りやすいと言いますが、それは付き合いが長いからコミュニケーションを取らずお互いの考えを理解し合えると思いがちです。しかし実際は逆で、仲がよいほど相手は自分と同じ気持ちだと思い込み、意思の伝達を怠ってしまい誤解を招くケースが多いです。

◎「コミュニケーションを取れば情報共有がしっかりとできる」は誤解である
コミュニケーションを取っても、きちんと情報共有がされてないことが多いのは、相手との会話の課題の共有ができていないからです、実際は「情報共有=課題共有」の後に「コミュニケーション」が生まれます。

◎コミュニケーションは合意のために行うのは誤解である
コミュニケーションの目的を合意にした場合、コミュニケーションは不活性化します。意見には差異があり、それを抽出し、なぜ差異が生まれたのか議論すると、コミュニケーションはとても盛り上がり楽しくなります。

意見の違い、別の見方などの「差異」に主眼を当てることで、コミュニケーションは活性化するでしょう。

■まとめ

普段行われているコミュニケーションには意外な誤解が多く存在し、それに対する理解を深めることが円滑なコミュニケーションの際に非常に大切です。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。