コミュニケーションの伝達では表情が重要

コミュニケーション

コミュニケーションの伝達の方法はさまざまあるものです。とくに「人の心に響く」ものと考えれば、表情が重要です。今回は、コミュニケーションの伝達について解説していきます。

■コミュニケーションは「心」の表現

コミュニケーションで人に伝え、あるいは受け取る情報の種類として、感情、意思、思考、知識などさまざまあり「表情」やジェスチャーなどを用いることもあります。人間は「心」を表現するために、コミュニケーションをとり「気持ちの伝達」をしているのです。

■相手の心に響くような伝達とは?

人と人との意思疎通においてコミュニケーションを用いるのですが、この「伝達力」を効果的にするためには「表情」が重要です。例えば、同じ内容の話しであっても表情があるのとないのとでは、言葉の伝わり方(気持ちの伝達)は違います。

人とコミュニケーションをする際には人の顔を見ながらするのが効果的です。もしも、別の所を見て話しをすると「相手の心に響くような伝達」=「本来のコミュニケーション」はできません。

基本的に人の表情を分けると下記のようにあります。

・喜び:最も分かりやすい表情で「嬉しさ」や「可笑しさ」などの気持ちを表しています。

・悲しみ:この表情は負の感情表現の1つで「いとおしむこと」や「泣く」などの気持ちを表しています。

・怒り:典型的な情動の1つとされ、他者による傷害、妨害、おどしなどの行為によって生じたり、相手を攻撃する行動をとるときに表れます。

・軽蔑:相手を全体的に下に見る感じで、いやしいもの、劣ったものなどとみなしているときの表情です。シンプルにいえば「バカにしている」ときを表しています。

・嫌悪:憎み嫌うことや、不愉快に思うことなど「嫌な気持ち」の際に表れます。

・恐れ:悪いことが起きるのではないかという「心配」の表れです。

・驚き:予期しない事態が突然起こってしまったときの気持ちの表れです。

このように、人には多くの表情を活用し「相手へ自分の気持ちの伝達」=「意思疎通」を求め行っているのです。コミュニケーションの伝達=「相手の心に響く伝達」を考えるのであれば、表情を活用していくことがいいのです。

人は言葉だけで伝わる事と伝わらない事があります。例えば「愛している」という言葉を発しただけでは「なんのこと?」と思われるかもしれません。人は、表情を活用しなければ「生きた言葉」=「生きたコミュニケーション」ができないということです。

実際、生きていない言葉を発してコミュニケーションを行うと、相手に伝わらないばかりか、不快にさせてしまうこともあります。表情のない人と会話をしたときに感じる「虚しさ」を感じたことがある方もいるはずです。

コミュニケーションの伝達を有効にするには、人として表情を活用していくことが大切です。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。