コミュニケーションの必要性とは何なのか?~実りのあるコミュニケーションをするために~

コミュニケーション

コミュニケーションの必要性とは何であるのか分かりますか? 人は1人で生きているものではないので、人と会話をして物事を伝えていかなければ「学び」を得ることができません。実りのあるコミュニケーションをするために、コミュニケーションの必要性を考えていきましょう。

■コミュニケーションの必要性とは?

まず、コミュニケーションの必要性を考える際には、下記の3つを把握しておく方がいいです。

◎人間関係を築く
人間関係を築いていくには、自分を知ってもらうことだけではなく、相手側のことを理解することが必須です。初対面の人に自ら声をかけ、積極的に話しかけて徐々に関係を深めていくことが大切です。

例えば、すでに面識があり仲が良ければ、自分の気持ちを素直に相手と交わすことができ「楽しい会話」をすることができるはずです。このように、仲が良くなるためには、お互いのことを理解し、積極的にコミュニケーションをしていくことからです。

◎情報の交換・共有をする
人と人とのコミュニケーションの目的の1つは、お互いの知らない「新たな情報」を得ることです。例えば、操作の方法を「説明」をしたり、操作をしてみてどのような結果になったか「報告、連絡、相談」などをすることもコミュニケーションです。

自分と相手との相互の理解を深めていくことで、良好な人間関係を築くことができ、さらに有益な情報交換・共有をして人として成長していくことが可能です。

◎相手に働きかける
人とコミュニケーションをするには、誤解はつきものです。その際に真実を(その方向性を)理解してもらうために、相手を導き促す=働きかけをする=「説得」をする必要があります。

相手と協力することも「相手に働きかける」ということになります。その際には、上記で説明した「情報の交換」や「人間関係を築く」ことが大切です。その他、相手に指示や命令、依頼などがあります。

このように、コミュニケーションの目的を理解できれば「必要性」に必然的に繋がります。逆にいえば、コミュニケーションをすることをしなければ、良好な人間関係を築くことができず、情報を共有して「新たな気づき」を得る機会もなくなるということです。

■コミュニケーション能力を高めるには?

コミュニケーションの目的=「必要性」に気づいたのであれば、次のステップとしてコミュニケーション能力を高めることが重要です。具体的に話し上手になるためには、下記のように相手のことを考えることが必要です。

・相手へ興味・関心を強く持って、気持ちを読み取ろう
コミュニケーションでは、相手への関心・興味がなければ淡々とした波のように、盛り上がることができなくなってしまいます。相手に関心がないということは、自分だけのことを考えている傾向にあります。

相手がどのように物事を考えているのか、経験や情報、感情を読み取って関心を強く持つことが大切です。

・相手との一体感が大切
例えば「仕事内容」や「出身地」が同じなど、コミュニケーションをする際に共通な話題があるはずです。趣味の話しや、新たに体験した話しなどを共有していくことでお互い「一体感」ができ、親近感や安心感、好意を持ちやすいとされています。

・相手の話しを良く「聴く人」は話し上手
相手の話しを聞くことができる人は、話すことがよくできる人です。例えば、コミュニケーション能力が高い人は、相手の話しを「聴き」ポイントを拾って、情報を広げることができるからです。

情報を得るためには、相手の話しによく耳を傾け「聴く」ことが大切です。

・相手に分かりやすく話すこと
自分の知っている情報を相手に伝えるためには、分かりやすく話すことが大切です。例えば、「あれをこうやってする」だけでは、やり方をキチンといい説明していないですよね。

「あれ」とは何なのか、「こうやってする」とはどのようにするのか具体的に示してあげることがコミュニケーションでは重要です。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。