グループコミュニケーションを成功させるには

コミュニケーション

コミュニケーションをとるということは、個人同士だけではなく、大人数での場合もあります。コミュニケーションを円滑にするためには、グループみんなの関係性を良くし、情報を共有する働きかけが必要になるのです。それによって、グループの動きは変わってきます。

■グループコミュニケーションの活用

グループコミュニケーションを組むことで役に立つ一番の理由として、連絡・情報交換・伝達の早さが加速することだと思われます。友人関係という意味では連絡事項を伝えることが早くでき、仕事関係では仕事の情報交換・伝達を社員に円滑にするために活用しているのです。

■グループコミュニケーションで大事とされること

コミュニケーションをみんなで取っていくには、最初でしっかりとそのグループ内のルールを作り、理解し合うことが大事なこととされています。そうすることで、グループコミュニケーションは成り立っているのです。

お互いに理解し合うには、中途半端な考えなどを取り入れてしまうとグループメンバーにのらない気持ちができ、まとまらないグループになってしまうかもしれません。そうなった場合は、このグループ自体がなくなってしまう危険性があります。

■グループコミュニケーションをするために作られたアプリ

代表的なアプリとしてChatwork・Slack・Lineなどがあります。このようなアプリを使い、パソコン、スマホでグループでのコミュニケーションをしています。ほぼ毎日、会社、家でパソコンを扱っている人もいます。

スマホは、皆さんほぼ握りしめているような感じで連絡・情報が入ってくると、すぐに反応し連絡・情報への返事もしていると思います。

しかし、これはアプリなので文字での会話が主になります。ですので、相手の気持ちを表す表情を見ることや、気持ちで違う声の大きさ・トーンなどが、全く分からないのでリアルな感情が届かない場合があります。その部分に関してはアプリコミュニケーションの難点になっているのが現状です。

■まとめ

グループコミュニケーションをしていくにあたり、まず始めにしっかりとルールを決め、進めていくことが大事です。それをしっかり理解し、守っていかなければグループコミュニケーションとして成功していきません。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。