人間関係の構築に必要なコミュニケーションとは?~相手との距離感や感情を考えるために~

コミュニケーション

コミュニケーションは、人に「思い」や「考え」を伝えるために必要なものです。もしコミュニケーション不足になってしまうと、情報がうまく伝わらずお互いの関係が悪化してしまうこともあります。今回は、人間関係の構築をしていく上で大切となるコミュニケーションについてまとめましたので、見ていきましょう。

■コミュニケーションの「距離感」と「感情」

私たちの生活にはコミュニケーションは欠かせないものです。仕事やプライベートにおいてもキチンと伝える力がなければ相手に響くことはありません。コミュニケーションをする上で相手との「距離感」や「感情」を考えることは大切です。

相手の距離感や感情を考えていくためにも、コミュニケーションで大切な①~④のことを理解する必要がありますので確認してください。

①意思の疎通
コミュニケーションを円滑にしていくためには、相手のことをどれだけ知っているかということがポイントになります。相手がどのように考えているのか、どのようにしていきたいのか、ということを理解することが大切なのです。

相手を理解していれば、自分の思いや考えを伝える「意思の疎通」がお互いに可能となります。自分のことだけを考えて発言するのではなく、相手はどのような人なのかということを考えることが大切です。

②会話の流れとバランス
コミュニケーションは相手があっての情報交換といえます。緊張する相手と接するのであれば、話題に困ることもあります。日ごろからさまざまな所にアンテナを張り、コミュニケーションの糸口になるものを拾っておくことがいいでしょう。

話しが一方的にならないために「話す」ことと「聞く」ことをうまく使い分けて、会話の流れとバランスを意識しましょう。

③目線の置き場
目線をどこに置くかで人の印象が変わります。基本的に会話するときには相手の目を見て話すことが良いです。目線が他の方向にあると、話しを聞いていないと思われるためです。

一方的に目線を送り続けるのはやり過ぎですが、ある程度目と目を合わせることはコミュニケーションをしていく上で大切なことです。

④沈黙はコミュニケーションの一部
コミュニケーションは「話す・聞く」だけではなく「沈黙」も含まれます。ずっと話していたり、聞いていては疲れてしまいますよね。沈黙して「考える時間」と「小休憩」は会話をするときには大事なことです。

相手が何を伝えたいと思って話しているのか、何を伝えたら分かりやすいかなど、コミュニケーションをする際には「考える」ことはたくさんでてきます。沈黙があるからと、焦らず時間をかけて待つことも大切なことです。

■まとめ

このように、相手との距離感や感情を把握するためには、相手のことを理解する気持ちが大切となります。情報交換(会話)をしていく上で「相手との距離感を考え、相手の感情を考えること」=「相手を理解しようとすること」は人間関係の構築に大切なことなのです。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。