コミュニケーションの意味

コミュニケーション

人との意思疎通にコミュニケーションは大切なことです。仕事上の重要なやり取りで話したいことが伝わらなかったり、相手の言っていることが理解できなければ、大きな失敗や誤解につながります。今回は、コミュニケーションの意味について調べていきましょう。

■古くからあるコミュニケーションの重要性!

語源は、ラテン語で「他人と分かち合うこと、共有すること」だと言われています。辞書によれば人間が互いに意志、感情、思考を伝達し合うことや、さまざまな情報内容を言語、文字、身振りなどの手段で伝え合うことになります。それからすると、情報を伝えるだけではなく、共有して目的を達成するためのものだと言えます。

■コミュニケーション能力とは!

コミュニケーション能力で重要なことはスキルの有無であったり、意思疎通をとる方法、手法、テクニックを理論付けし、技術又は知識で、意思疎通を上手に図る能力が必要になってきます。
また、相手の目を見てハキハキと話すことや、同僚と酒を酌み交わして親睦を深めるといった、人と直接会うことに伴う能力のことを対面(対人)能力といいます。こちらも重要なスキルといえるでしょう。

■コミュニケーションは意思統一を図るツールである!

社会に出て、会社員として仕事で求められるコミュニケーションは、「聴く、訊く、伝えること」です。情報を正しく伝達し、共有して出せた結果がとても大切になるからです。

コミュニケーション能力があれば、上司や部下、事業や部門、世代などの壁を乗り越え、相手の立場に立って、注意深く聴くことや相手との信頼関係を深めることが可能になってきます。
コミュニケーションをおろそかにすると、情報共有ができず企業内での意識のずれが生じ、目的意識の共有が難しく、問題に対して意識が薄くなるため、経営に大きな影響をおよぼす可能性もあるため、会社では業績の重要性に関わります。

■コミュニケーションの意味!

コミュニケーションの意味には固有の意味があり、語源によれば、コミュニティー(同じ価値観、国籍、文化を持つ特定の)共同体、共同社会であり、それを動かすためのコミュニケート(特定の情報伝達)行動が求められ、コミュニケーション(伝達、伝達すること)になります。
コミュニケーションの意味として、客観的情報(知識、経験、思考)や主観的情報(自分の個人的な思い、妄想や感情)を何らかの手段で伝達、交換することであると言えます。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。