コミュニケーションの成立と「沈黙」への焦り 対処法は

コミュニケーション

 就職活動をしている間に、就活ブルーになる人がいます。
その多くが「面接やディスカッション、インターンシップでうまくコミュニケーションをとれない(とる自信がない)」と思っている人です。

 話す相手は初めて会った面接官、しかもこれから自分のことを知ってもらうために、相手とコミュニケーションを円滑に進めなければ…と焦ってしまう気持ちは誰にも湧いてくるはずです。
沈黙が続いたらどうしよう、と不安になる気持ちも分かります。

 ただ、「自分は話すことが苦手ではないから、どうにかなるだろう」と思っている人よりも、沈黙を恐れるくらいの人のほうが、コミュニケーションの取り方を事前に考え、きちんと準備に取り組めるはずです。

コミュニケーションの基本は「親和的な空気」

 就活の面接で、全く緊張をしない人はほぼいません。
面接に与えられた短い時間で、満足度100%のコミュニケーションをとれる自信がある人は、一方的なおしゃべりが過ぎて、失敗してしまう可能性があります。

 就活面接では、質問する面接官に応答して話が進んでいきます。
質問に的確にこたえることが大切ですが、プラスして自分の性格や過去に起こった出来事、そこで感じたこと、考え方の方向性を、効く相手が苦痛にならないような空気づくりに心を配りましょう。

 まず、穏やかな雰囲気づくりのために、口角を上げて、相手の目を(直視すると緊張するので鼻の頭らへんを、複数人の面接官がいる場合は、ゆっくりと見渡し)見ながら、ゆっくりとした口調で返答しましょう。
声は数メートル先に押し出すようなイメージで、張り上げるのではなく腹の奥からのどを開いて自然に出す感じのしゃべり方を練習すると良いでしょう。

沈黙にならないための準備が大切

 面接で質問されたことに答えられない、沈黙が続く、という事態にならないためには、あらかじめ送付した履歴書やエントリーシートを見ながら、質問を想定して答えを準備すれば良いのです。

 その場の雰囲気や勢いに任せている人は、話が得意な分、本人の話す時間が長くなります。
質問に沿った答えを返すのが、面接といわれるコミュニケーションの形。
長い話には不要な言葉が含まれる可能性が高いので、面接を受ける前に、誠意をもって伝えるべきことを準備したかどうか、面接をする人はすぐに感じ取ります。

面接の傾向を知ってコミュニケーションの正解を意識する

 就職面接の中には、マイナスの感情を引き出すような通称「あおり面接」のようなものも実際にはあります。
穏やかなコミュニケーションが続くわけではないことを、想像しておきましょう。

 ぶしつけな質問や、否定的な言葉を浴びせられる面接もあるかも知れません。
しかし、そうすることで企業担当者は、面接を受けている人の出方を見るのです。

 相手はこれまでに何人もの志望者の面接に関わり、合否に関わってきた言わばプロです。
仮に、このような煽りで志望者が沈黙しても、すぐにマイナス評価とはならないことがほとんどです。むしろ、感情に任せた発言をする、暴言を吐く、自分の思いを声高に主張するという応答はマイナスです。
 
 あらかじめ面接の傾向を知っておくことで、要所で感情を抑える・過剰な反応や行き過ぎた自己アピールを控えるといった点に意識が向けることができます。
面接というコミュニケーションの場で、企業側が求める人材と人物像を想像しながら、話すための準備を可能な限り行いましょう。