コミュニケーションを円滑に進めるために!

コミュニケーション

会話は、相手がいて言葉のやり取りなどによって成り立っています。会話のキャッチボールができず悩んでいる方も多いと思います。コミュニケーションを円滑にするにはどうしたらいいのか調べてみました。

■上手く取れないコミュニケーションとは!

人とのコミュニケーションは勉強するものではなく、小さいころから家庭や学校などで培われていくものです。コミュニケーションが苦手な方の多くは、何らかの人間関係のトラブルや積極的に人と関わることがなかったことがあり、苦手意識を持たれているようです。そんな人達がコミュニケーションに悩んでいます。

・なかなか会話が盛り上がらない。
・すぐ嫌な雰囲気になってしまう。
・相手の考え方がわからない。

などの問題点を感じてしまうと、さらに人とのコミュニケーションを避けるようになってしまいます。

■コミュニケーションを円滑にする方法とポイント

コミュニケーション能力とは具体的にどういうこと?

◎相手の言うことを受け入れる
相手の言っていることを聞いて、自分の思っていることと相違があっても批判しないで受け入れることも大切です。必要ならば、理論的に冷静に自分の考えを伝えましょう。

◎言外の意味を読み取る
相手が何を話そうとしているのか、言外の意味をくみ取ることが必要になります。表情や雰囲気なども意識して、考える必要があります。

◎ポジティブでいる
相手の話を批判しないで、ポジティブな考えでプラス面に注目する姿勢があると、コミュニケーションが取りやすくなります。自分に対しても、ポジティブでいることは重要です。失敗しても自分を責めるではなく、自分がしてしまった失敗に目をむけて、冷静にそれを改善するための努力をしましょう。

◎相手に敬意を払う
相手が持っている専門知識や能力を認め、敬意を払うことは大切です。人それぞれ考えは違うものです。その違いから相手に対して、批判的になったりバカにしていると、態度に出やすくなります。

◎ミラーリングする
動作や表情、発言などをまねすることで、相手が自分に対して心を開くように促す方法です。

◎相手の気持ちを理解する
誠実な気持ちで相手を理解することは、とても重要です。不誠実な人は信用できないからです。

■具体的にどうしたらいいの?

◎相手の目を見て話す
話す人の目を見ることは、相手に意思を伝える良い方法になります。ずっと見続ける必要はありませんが、目線をはずしてばかりだと挙動不審に見えることも・・・

◎相手の話をさえぎらない
相手の話はちゃんと聞いて途中で遮らないことです。誰でも自分の話を遮られることは嫌なものです。

■人間関係で意識すること

◎自分の活かせるキャラを知る
明るく元気なキャラクターは愛されるキャラですが、時にはうるさいや暑苦しいイメージを持たれるもあります。自分を知ることによって溶け込みやすく、自然に振る舞えるポジションを確認することができます。

◎気遣いをする
相手のことも考えて行動することは、高いコミュニケーション能力といえるでしょう。

◎積極的になる
会話中にでしゃばらず、引っ込み思案過ぎずに、自分から話のきっかけをつくるためにも、ここぞという時には積極的にコミュニケーションを図りにいく必要もあるでしょう。

◎相手の話をよく聞く
自分の話ばかりしないで、相手の話を最後まで聞くことがコミュニケーションです。

◎食事会などには参加する
会社の忘年会や新年会、食事会などは参加するようにすれば、繋がりを深める機会になるはずです。無理のない程度に参加を検討されてみてください。

■まとめ

コミュニケーションは、相手との会話などの接触がないと成り立ちません。円滑にするためには、待つだけではなく自分から率先して行動する事も必要です。

人材業界について興味をもたれた方、就活に挑む方、当方でも新たな人材を求めております。ご相談は株式会社エントリーまでご連絡下さい。