コミュニケーション不足な現代社会

コミュニケーション

■コミュニケーション不足問題
近年、コミュニケーション不足が増えているといわれています。それは何故なのかなども気になりますが、それによりどのような影響があるのかも気になりますね。コミュニケーションがいかに大事なのか調べていきます。

■コミュニケーション不足
コミュニケーションの不足について、家族的・社会的なコミュニケーション不足の問題があるようです。その中でも大半を占めているのが、社会的なコミュニケーション不足と言われています。それぞれの問題について下記で触れたいと思います。

■家族的コミュニケーション不足について
家族的コミュニケーション不足の問題としては、いろいろと理由があります。その理由により、家族間での会話が減り、家庭内の大問題になる可能性があります。

子供が、コミュニケーション不足になってしまうのは、親の接し方に問題があるとされています。本当は、子供は親と仲良く接して、コミュニケーションを取りたいとされます。

・親の単身赴任で何ヶ月、何年と会話が取れない
・夫婦の喧嘩や不仲であったり、離婚で会えなくなり会話が取れない
・家庭を支えていくことが忙しくなり、仕事が大変で一緒にご飯も食べることができない孤食

このような問題が近年増えているのです。それにより子供が不登校に陥り、子供は友達とも会話をする場が減って、コミュニケーション不足になります。それによって、自分の殻に閉じこもるような状態になります。

■社会的コミュニケーション不足について
8割ほどの企業が、コミュニケーション不足に問題を抱えているようです。コミュケーション不足というだけで、その企業の生産性向上が減り、離職者数が増え、仕事に対する対応が苦しくなり問題が多くなるケースがあります。それほど、コミュニケーション不足は企業での注意点となっているのです。

■仕事場でのコミュニケーション不足改善法「報・連・相」
コミュニケーション不足の改善で求められるとして、注目されている3つの言葉「報告・連絡・相談」というものがあります。この3つのことを、しっかりとしていくことでコミュニケーションができ、企業としてもプラスへ進む傾向があります。

◎報告:上司や担当者から受けた仕事をこなすだけが仕事ではなく、その仕事の経過状況、結果を発注者や上司までに報告、知らせるまでが仕事とされています。そのため、報告なしは、よくないことです。それらの報告を怠り、自分の担当の仕事が終われば、完了と思っていてはいけません。

◎連絡:仕事上での情報を関係者などに、相手が納得するまで適切に、確実に伝えることが連絡の大切さです。相手が納得しなければ、仕事の状態が不安定な状態で進んでいるということで、企業としても危ないです。上司や同僚などにも必要なら連絡するべきです。

◎相談:自分に与えられた仕事の担当位置についてよく分からず、仕事が進まない場合は一人で悩まずに、できる限り早く相談し、困ったことについてアドバイスを受けた方がいいと思います。その方が仕事についてしっかり納得でき、仕事のスピードも進み、生産性向上が上がるのではないでしょうか。そのため、相談も大切なことです。

■パソコン・スマホ・ゲームの問題
近年、子供から大人まで当たり前のように使用しているのが、パソコンやスマホ、ゲームなどです。このような通信機器で、相手を前にしての言葉での会話をすることが減ってきています。文字同士の会話が増えることや、画面での遊びもでき、情報収集も最先端でできるため、人間同士のコミュニケーションが減る傾向にあるのです。

■まとめ
生活をしていく中で家族、企業での仕事においてコミュニケーションは必ずあることですよね。その中で、しっかりコミュニケーション不足は改善したいです。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。