コミュニケーション苦手意識 克服

コミュニケーション

団体行動やグループでの会話が苦手な人達の共通点は人見知りが多く、今まで自分には能力がないから、言葉が上手く出てこない、などと理由をつけて避けていたのではないでしょうか。簡単ではありますが、苦手意識のことを調べてみました。

コミュニケーションが下手な人達

コミュニケーションに対して、苦手意識を持っている人の中には人見知りが多く、引っ込み思案になりがちです。苦手な理由としてあげられるのが、言いたいことが、なかなか言葉として出てこないため、うまく伝えられずに相手に誤解されないかと心配したり、または、間違ったことを言って、恥をかかないかといった不安が恐怖心に繋がっている人が多くいるようです。

コミュニケーションとして会話する以前にどうやって話題を切り出せばいいのか、仕事でもどんな議題を提案して、話をすれば会議が進行するのか、間違った方向に向かっていないかなどと、自分が話すことについて考え迷う傾向にあります。

苦手意識をもっている人が、上手に会話ができるようにするにはどうすれば良いのでしょうか。下記では、人との付き合い方が苦手な人が、おこなってはいけない発言や行動、押さえておいた方がいいポイントについて紹介しましょう。

してはいけないこと

会議中や相手が話をまだ話している途中なのに、話の流れを止めてしまうと不快感を与えてしまい、まとまる話も長引いて嫌な雰囲気になります。相手の共感できないプレゼンテーションであっても慌てず、まず深呼吸して最後まで聞くことが、会話の一般的なマナーです。

会話は自分だけが一方的に話し続けていると、周りの雰囲気も悪くなってしまいます。出しゃばって、他の人の気持ちを代弁しょうとすると全く違った会話になります、控えたほうが理想的です。こうした特徴のある人達は、次第に相手にされなくなりグループの輪に呼ばれにくくなる恐れもあり、注意する必要があります。

退屈で興味のない話だからといって、プレゼンテーションをつまらなさそうな表情や無駄話をしたりすることは、相手に対してとても失礼な事です。質問されて、慌てて適当な返事をして「ごめん、今のところの話聞いてなかった」と答えたのでは、信頼も失ってしまいます。

質問力

相手の話をちゃんと聞いた上で、適した質問をしていきましょう。相手が話したそうなポイントを見つけだして、質問してあげると相手の好きなこと、こだわっていること、考えていることが次第に分かるようになってきます。

聞く力

面白い話で相手を楽しませたいと思うことは決して間違いではありませんが、まず相手の話しを聞き、自分の事を知ってもらうことも大切なことです。
相手のことを知りたいという気持ちで接して、話を進めていきましょう。自分と相手がいて始めて会話が成り立つものだという事を決して忘れてはいけません。

まとめ

しっかりとしたコミュニケーションがとれるようになると、少しずつですが苦手意識も無くなり、人間関係だけでなく、周囲の見る目や環境も行動範囲なども広がります。できることから少しずつ実践していくことで、相手にも思いが通じて気軽に話しかけられることでしょう。

これから就職を挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。